東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京公演の舞台裏

というわけで後半です。
前回は楽屋探訪でしたが、今回は本番直前と執行部部屋をご紹介します。

せっかく楽屋探訪の写真ですので、「楽屋」のお話を…。
楽屋ですが、劇場によって本当にまちまちです。
ホール全奏で利用したサンパール荒川はとても狭かったそうですし、
逆に広い楽屋がいくつも用意されているホールも沢山あります。
ホールのキャパシティの広さに応じて、楽屋も当然大きくなっていく、
というのは確かですが、もちろんその例外もあります。
内装も、基本的に化粧台と机、椅子、ハンガー、舞台の見えるテレビなどは常設ですが、
畳部屋ばかりであったり、机が真ん中にしかなかったり…など、
細かい違いは結構あるようですね。
私は、殆ど楽屋で過ごすことはないので、あまり判らないのですが、
きっと楽屋によっていろいろ変わってくるものもあるのでしょう。

さてそれでは、楽屋探訪、続き行ってみよう!
ということで、執行部部屋にお邪魔しました。
東京公演楽屋裏1
左は、トロンボーンパートのTくん。アンコールでは指揮を担当しました。
そして右はヴァイオリンのKさん。二人とも、東京公演の外務として、大活躍でした。
おつかれさまでした~!といいたいところですが、あと二人、
東京外務を紹介しないといけません。

東京公演楽屋裏10
左から2番目が、東京外務3人目のAくん。
それにしてもトロンボーンのTくんの大きさが際立つ一枚です。
いつも背の高さを知っている私でも、
練習の際、指揮者台に立つ姿が大きくてびっくりしたくらいです!

もう一人、ホルン吹きのKさんは、写真を撮った時楽屋にいなかったので、
別の写真で紹介しますね!

そして、もちろんみんなが楽屋で休んでいるわけではありません。
本番前、体力と練習を天秤にかけて練習を選ぶ人ももちろんいます。
練習のお邪魔になってはいけないと思いつつ、一枚パチリ。
東京公演楽屋裏7
ヴァイオリンの練習中をお邪魔しました。
同じプルトということで、何か相談事があったのでしょうか…?

東京公演の一人写真は、チェロパートのTくんです!
東京公演楽屋裏13
一見すると、スキンヘッドの頼れるあんちゃん!ですね。
よく見ると、髪が背景と同化しているのがわかります。
音楽教室のパトリを務める、とってもとってもまじめなTくんです。

この後は、本番直前待ったなし!の、舞台裏(モノホンの意味の)風景です。
本番前忙しい時期が過ぎて、後は演奏するだけ!な時の写真です。

東京公演楽屋裏14
ヴィオラパートなどのみなさんの写真です。
髪もセットして、演奏もバッチリ?

東京公演楽屋裏15
今度はヴァイオリンパート全員集合(?)の写真です。
第一曲目の魔笛の前の撮影です。
魔笛は今回最も編成が小さい(14型)だったのですが、この人数!
コントラバスパートは6人なので、単純比較しても4倍はいる計算です。
手前二人はヴァイオリンパートのパトリの4年生。
右がコンマス、左が2ndパトリですが、この二人の本番中の目配せ等、
とても息が合っているのが客席まで伝わったでしょうか…?

こちらはブラームスの前のホルンパートです!
東京公演楽屋裏16
一番左が、登場四人目の東京外務、Kさんです。
これで全員出揃いました。お疲れ様でした!

次はていおんの皆さんです。
東京公演楽屋裏17
ファゴットとトロンボーンのお兄さん達です。
ちょっと映りがわるいですが、全面的に私の責任です…。
なかなか写真をうまく撮るのは難しいなあ、と悩んでおります。

ところで、同じ低音楽器、トロンボーンやファゴット、コントラバスパートは、
なんとなく親近感を覚えるものです。
特に、パート員の少なさという点では悩みが共通してしまっています…。
トロンボーン、ファゴット、コントラバス全パートともパート員が足りていません!
このブログを見ている東大生のあなた!東大オケで一緒に演奏しませんか?
深い深い低音の響きの世界へ、怖がることはありませんよ!
初心者、楽器未経験、譜面読めないなども全く問題になりません!
入団資格はやる気と東大の学生証だけ!
聞くだけだった音楽の世界に、ひもなしバンジーとしゃれ込むのです!
冗談のような書き方をしていますが、本当にパート員大募集中です。
興味を持った方は、是非ご相談を…。

最後の写真は、いろんなパートが大集合!
左から、オーボエ×2、ファゴット、チェロ、トロンボーン!
東京公演楽屋裏18

本番前の2時間に焦点を当てた記事、いかがでしたでしょうか。
皆さんにお聞きいただくまで、私達は週3回ほどの練習を元に、入念な準備を進めています。
それらの準備が、結実する前の瞬間、団員は思い思いの過ごし方をしているのでした。
演奏のときは、ちょっと堅苦しく見えてしまっているかもしれませんが、
みんな裏では楽しくやっているのでした、という紹介でした。

それでは。
スポンサーサイト

相原音教!

おはようございます。サマーコンサート埼玉公演まであと二日となりました。

今日は6月4日に行われた、相原音教を特集します!

町田駅から歩くこと約10分、相原小学校に行ってきました!
相原小学校の皆さん、お返事遅れてごめんなさい…。
タイムカプセル!
入り口にあったのはタイムカプセル。創立100周年を超えているだなんて。
東大オケは今年で創立91年目になりますから、東大オケより長いだなんて、びっくりです。

到着して、トラックから荷物を下ろしたあとはセッティングです。
より多くのお客さんに聞いていただくため、オーケストラの後ろ側にも椅子が設置されました。
サントリーホールのヴィンヤード形式ではありませんが…。
大抵P席などと安売りされますが、なかなかどうしてオーケストラから近くて楽しい席ですよ。
ひょっとして打楽器のバチが飛んできたりして…。
セッティング中…


この日は、曲中に曲に合わせて劇が行われました。
これはグリーグ作曲のペール・ギュントより、「山の魔王の宮殿にて」の魔王役。
この部分のお話の筋は、
「魔王の娘に求婚した主人公ペール・ギュントが、魔王の娘をさらって逃げようとするが、
魔王に見つかっておいかけられる」というものです。
さてさて、どんな舞台になったでしょうか…。
山の魔王!
が、正直、写真だけでは団員にもこれが誰だか判りません…。
でも実は、いつもはトロンボーンを吹いています!

劇の相談中…
劇の打ち合わせ中の風景です。
手前の女の子が魔王の娘役。いつもはオーボエを吹いている2年生です。
左手に見えるは…?

そう、ミッキーですね!
ミッキーは、デュカス作曲「魔法使いの弟子」の魔法使いの弟子役です。
ファンタジアでアニメ化されていますね。
さあ、誰でしょう?
これは本番の様子です。

さて、この音楽教室の開催に当たっては、PTA会長さんに本当にお世話になりました!
会長さんの御挨拶
なんでも、東大オケのOBで、現役時代町田市に音楽教室にいらっしゃったとのことです!
伝統を受け継いでいけるよう頑張ります!
なお、写真は御挨拶頂いた際のものです。

演奏会では恒例、楽器体験も行われました。

彼女は今回の五月祭でのコントラバスパートのパートリーダーです。
心持ち男の子に見える…のは気のせいでしょうか。
女の子?
(実は男の子です!)

一生懸命チェロを弾いている男の子…なんですが、まるでコントラバスを弾いているみたい!
自分たちにもこんな小さな時期があったんだなあ…と感慨深くなりますね。
コントラバス?

一見普通の写真なのですが、弓が逆を向いているようにも見えます。
手元を見れば正しい向きなのはわかるのですが…。
あれ、何かおかしいぞ?
ところで、弓を逆向きに、つまり木の部分を使って弾く奏法もあります。
「コル・レーニョ」と呼ばれる奏法です。木特有の音がします。
2年前の定期演奏会のラフマニノフ2番、去年の定期演奏会のマーラーの第一番などで出てきました。
ですが、コントラバスに「コル・レーニョ」をさせる曲にはまだ出会った事がありません…。
完全な余談でした。

さて、他にも指揮者体験や、近くの中学校の吹奏楽部員さんとの演奏なども行われました。
私達団員にとって、とてもたのしい音楽教室になりました。
相原小学校のみなさん、ありがとう!

五月祭演奏会が終わりました!

みなさま、五月祭特別演奏会にご来場いただきありがとうございました!
雨の中、わざわざお越しいただき、第二食堂・安田講堂ともに満員の大盛況となりました。
再度お礼申し上げます。

私たち団員としても、満員のお客様の前で演奏させて頂き、とても楽しかったです。
それだけに、曲目をカットせざるを得なかったのは団員としてもとても残念でした。
エルガー作曲の威風堂々第一番、及びブラームス編曲のハンガリー舞曲第六番は、
一日目だけのお披露目となってしまいました。

加えて、室内楽演奏会にも多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。
一つでも気に入った曲があれば幸いです。

もうひとつ、アンケートのご協力もありがとうございました。
アンケートの中で多かった質問について一つお答えしたいと思います。
ルロイ・アンダーソン作曲の「ワルツィング・キャット」で猫の鳴き声を模していた、打楽器奏者が吹いていたあの楽器は、「猫笛」といいます。
なんだ、そのまんまじゃないか、と思った方、私と同じです…。
ちなみにとある人気国産狩猟ゲームのオンライン版に同名の武器があるようです。
そちらを想像された方もいらっしゃるのでしょうか。
演奏会当日、よく猫笛が見えなかった方のために、以下に猫笛を紹介しているページを掲載しました。
興味のある方は、下のURLを辿ってみてください。
http://kyoushien.kyokyo-u.ac.jp/taka/instpage/025.html

また、募金にご協力いただきありがとうございました。
二日間の募金総額は総計7342円となりました。
全額、日本赤十字社を通じて東日本大震災の義捐金として寄付させて頂きます。

それでは、次はサマーコンサートでお会いしましょう!
ひょっとすると、小学校でお会いすることになる方もいらっしゃるかもしれませんね。
なお、6月は、
町田市立相原小学校
田園調布雙葉小学校
豊島区立豊成小学校
で音楽教室を行います。小学校の皆さん、よろしくね。

卒団しました

1月の定期演奏会をもって,私たち4年生は東大オケを引退しました。

引退して1ヶ月が過ぎましたが,まだ卒団した実感があまり湧きません。
後輩たちは,早くも次の演奏会に向けての練習を始めています。

このブログを書き始めて,丸2年になりました。
2009年のサマコンの宣伝のために始めたブログですが,
サマコンが終わった後も,練習の様子を伝えるブログとして続けさせていただきました。

たくさんの方に応援の言葉を頂いたり,
ブログが縁でたくさんの方と知り合えたり,実りの多い2年間でした。
今まで読んでくださった方々,本当にありがとうございました。
これからはOGとして,東大オケの演奏活動を陰ながら支えていきたいと思っています。

このブログは,新3年生になる後輩が引き継ぐことになりました。
今までご覧くださっていた皆さま,引き続きお読みくだされば嬉しいです。

これからも東大オケをよろしくお願いします!

19コントラバス 丹下詩織

第96回定期演奏会

1月15日(土)は,第96回定期演奏会がありました!

朝9:30に二食に集合,つみをしました。

2011.1.15つみ

例によって,棺おけやら楽器やらを1階へ運びます。

2011.1.15つみ2

つみが終わると,二食の入り口でパートの記念写真を撮りました。

2011.1.15打バス集合写真

打バスのメンバー集合!

その後,各自JRに乗って川崎駅まで移動しました。

2011.1.15ミューザ川崎入口

13時に,会場のミューザ川崎へ集合。
入口が開くのを待ちます。

2011.1.15ポスターの前

今日の演奏会のポスターもちゃんと掲示板に貼ってもらえていました!

しばらくすると入口が開いたので,中に入っておろしとセッティングをしました。

2011.1.15全員集合

セッティングの後は全員集合です。
ミューザのステージはひな段ではなく,迫り上がり式なので,
ステージの両端が普段よりもものすごく高い位置になります。
写真ではよくわかりませんが,コントラバスの位置で1.25メートルの高さです。

2011.1.15写真撮影

その後は全員で写真撮影。
客席3階にいるカメラに向かってポーズ!

2011.1.15打楽器

パートごとに写真も撮りました。↑は打楽器です。

2011.1.15管打楽器

管・打楽器の4年生たち。良い笑顔です。
4年間一緒だったメンバーとも,とうとう最後の演奏となってしまいます。

2011.1.15客<br />席

写真撮影の後はステリハです。
ショスタコーヴィチもマーラーも両方ざっと通しました。
通すと1時間半はかかるので,本番に体力を温存できるよう力を抜くところは抜きました。

客席はこんな感じです。ランダムな配置がおしゃれですね。
サントリーホールと似た雰囲気です。

2011.1.15舞台裏

舞台裏はこんな感じでした。開場までの時間で,音出しをしたり腹ごしらえをしたり色紙を書いたり…。


18時開場,18時半開演。
4年生にとってはとうとう最後の演奏会が始まりました。
もう後は無心で演奏するだけです。

2011.1.15ステリハ

本番はつねに緊張しますが,この日はひときわ緊張しました。
ショスタコーヴィチは快速です。練習よりもやや早めのテンポでした。
木管・金管・コンマスのソロが光っていました。

マーラーでは,他の団員の顔を一人ひとり見ながら弾きました。
ゆったりとしたテンポの場面は,練習よりもよく歌えていたと思います。
どのパートも練習とは比べ物にならない集中力が,本番では発揮されていました。

アンコールは,ショスタコーヴィチ編曲の「タヒチ・トロット」という曲でした。
聞き覚えのある方も多かったのでは。
日本では「二人でお茶を」という題名で有名な曲です。

こうして第96回定期演奏会が終わりました。


終演後,急いでつみをして,その後横浜駅に移動。
横浜駅近くの会場でレセプションをしました。

2011.1.15レセプション

指揮者の高関先生をはじめトレーナーの先生方や,
コンマス・執行部の団員の話を聞きました。

最後に,お待ちかねの来場者数の発表です。
今回は1670人のお客様にご来場いただけました。
割合にして客席数の83.6%です。

今回もたくさんの方にご来場いただけ,本当に嬉しかったです。
応援してくださった皆様,本当にありがとうございました。

最後の定期演奏会を,楽しく悔いの残らない演奏会にできたことが嬉しいです。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。