FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーコンサート練習開始♪

こんにちは!です♪

ここ数日、急に夏のように熱くなったり、また冬に逆戻りしたりと、天気がわちゃわちゃになっていますね(`・ω・´)

全く天気予報を見ていなかった僕はどちらの日も春服で突撃してしまったので、
現在、無事に体調を崩しております・゚・(つД`)・゚・

天気予報は、ちゃんと見ようと固く心に誓いながら、くしゃみをする毎日です・・・・・しんどい・・・・・



さて、当ブログについてですが、折角の練習日記ですから、なるべくいろんな視点からオケのことが分かった方が楽しいですよね♪

そのため、管理人が楽をするためにも隙あらば暇そうな団員をひっ捕まえて、記事をガンガン書いてもらおうかな、と思っています( ̄∀ ̄*)

そこで早速、今日の記事は僕の同級生に書いてもらうようにお願いしちゃいました!

彼はこれからもたまにブログを書いてくれるそうです! ありがてえありがてえ……

ということで、以下は彼の書いてくれた記事になります! ありがてえありがてえ……

どうぞ! ありがてえありがてえ……


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


はじめまして!

クラリネットパート2年の けんけん です。これから時々このブログで執筆することになりました。

東大オケの日常を通じて、みなさんに東大オケの魅力を伝えていけたらと思います。よろしくお願いします♪


さて、先日はサマーコンサートの先生全奏がありました。

サマーコンサートで指揮を振っていただく武藤英明先生を本郷の二食ホールにお呼びしての練習です。







目下五月祭の練習期間ではありますが、すでにサマーコンサートに向けた練習が始まっているんです( ー`дー´)


五月祭の練習と兼ねて練習していかなきゃ…なので正直とても大変( ; ; )

ですが、これからまた新しい曲に挑戦していけると想像すると、心が踊りますね。


普段から真面目な人も、普段は「授業だる〜」みたいなことを言っている人も、音楽に向かう姿は真剣そのもの。

それであって、全奏中には時折笑いも見られました。

練習の度に、1年間一緒にやってきた人たちの新たな一面を見ている、そんな気がします。


武藤先生からはたくさんのアドバイスをいただき、筆者は目から鱗 。゚(゚´ω`゚)゚。

大変気さくな方で、これからの練習が楽しみなけんけんでした。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ところで、そのサマーコンサートは東大オケの目玉イベント!


なんといっても、東大オケではサマーコンサートでツアー公演を行っています!

演奏と旅行が一緒にできちゃう!Wow!

団員の出身地から公演地を選び、東大オケの演奏を全国各地の皆さんの元に届けに参ります(о´∀`о)



今年は

7月21日(土)
千葉公演 (13:00開場・14:00開演 於:森のホール21)

7月28日(土)
東京埼玉公演  (17:00開場・18:00開演 於:川口総合文化センターリリア)

8月4日(土)
愛知公演 (13:00開場・13:30開演 於:豊田市コンサートホール)

8月5日(日)
関西公演 (13:00開場・14:00開演 於:ザ・シンフォニーホール)

8月7日(火)
九州公演 (18:00開場・19:00開演 於:北九州ソレイユホール)

の5公演を行います!

5公演とも演奏する曲目は一緒ですので、どの公演でも是非ともお越しください!


各地で演奏の後は団員みんなでちょっとした観光ができます。

筆者はご当地グルメ巡りの予定♪ 何を食べようか今からピックアップしておこうと思います。

とりあえず九州公演の後は本場の博多ラーメンを食べるぞ(*´꒳`*)



さてさて、そんなサマーコンサートの気になる曲目は…?


ベルリオーズ / 序曲「ローマの謝肉祭」
チャイコフスキー / バレエ組曲「くるみ割り人形」
ドヴォルザーク / 交響曲第8番ト長調op.88



の3曲!


指揮者の武藤先生はチェコに造詣が深い方。チェコ出身の作曲家であるドヴォルザークとの相性は抜群!

東大オケのサウンドに新たな風が吹きそうです。


チケットは4月28日から販売開始予定ですので、是非是非お買い求めください。

知り合いに団員がいる方は、団員から直接購入することもできます。

(´-`).。oO(長らく会っていない友人に、たまには連絡取ってみようかな)



サマーコンサート特設ページも要チェック!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


まだ部活・サークル迷っている新入生の皆さん!

私たちと一緒に音楽やってみませんか?


以下の楽器はまだまだ新入生募集中です!

フルート   1人
オーボエ   1人
ホルン    1人
トランペット 1人(要相談)
テューバ   1人
打楽器    1人
ヴィオラ   1人(VaまたはVn経験者のみ)
チェロ    2人

不明点や質問などございましたら、お気軽に下のアドレス、または部室(駒場学生会館203号室)までお問い合わせください!

新歓特別サイトから詳しい情報がGetできます!


以上けんけんでした

Auf Wiedersehen! (`・ω・´)

スポンサーサイト

N響コンマス篠崎(マロ)先生弦分奏!

こんばんは。

東大オケ27tksです。

スプリングコンサート2017(通称:春ツアー)神奈川公演を前日に、

今日は最後の弦分奏となりました。

最後の弦分奏は皆さんご存知、

NHK交響楽団第一コンサートマスターの、篠崎史紀先生(マロ先生)に

ご指導していただきました!

篠崎先生は東大オケには2年ほど前からご指導にいらしているのですが、

ユニークで目から鱗のような練習内容で、

団員も毎度楽しみにしております。


(休憩中マロ先生にソロの相談をするコンマス)

マロ先生のご指導は緩急があり、

ユーモアで団員を笑わせたかと思えば一瞬でピリッとした空気を作り出し、

さすがN響コンマス、といった具合です!




さあ、最後の練習を終え、いよいよツアーの最後まで

駆け抜けるだけです!

団員も今までの練習を本番にぶつけるために体調管理だけには

注意をして、精一杯演奏する所存です。



明日は神奈川公演、その後は豊田、呉と続きます。

皆様のご来場をお待ちしております!



↓明日の演奏会です。
指揮:三石 精一
曲目:
ワーグナー / 楽劇「トリスタンとイゾルデ」第1幕への前奏曲〜イゾルデの愛の死
R.シュトラウス / 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
ブラームス / 交響曲第1番ハ短調

神奈川公演 2017年3月17日(金)
会場:横須賀芸術劇場大劇場19:00開演(18:00開場)

チケット:
S席1,500円 A席1,000円(全席指定)


チケットのご注文はこちらから。


(東大オケスプリングコンサート2017のポスター 左:近郊、右:地方)



2017年の入団を考えている新入生のための新歓特設サイトはこちら

秋合宿!

こんにちは!東大オケ27tksです。

いよいよ夏が終わりそうで私は非常に悲しいです。

夏は私が世の中で3番目くらいに好きなものなので、しばらくは夏の恰好を

辞める気はありません。

ちなみに2番目に好きなものはゴマです。




さて、8月の夏季集中練習(初日の様子2日目の様子3日目の様子)から

始まった駒場祭期間の練習も、ついに秋合宿という一山を通り越しました。

今年は9/2~9/6という日程で、東大オケが毎年使わせていただいている

千葉県南房総市に位置するJR内房線岩井駅近辺の民宿で秋合宿を行いました。

岩井は千葉駅から93分!しかもラッシュ時を除き基本的に1時間に4本という

なんとものんびりした仕様です。


(内房線車内から流れる景色を見つめる団員)

少しでも寝坊してしまったり間違って外房線に乗ってしまったりすると即アウトですね。

中には路線バスという裏技を使用した人もいるようですが(笑)




練習について、

パート練習や管・打のセクション分奏は、団員の寝泊まりする部屋や

トレーナーの先生のお部屋で行いました。

利用した民宿には音楽練習用のホールがあり、弦セクションの分奏や、

tuttiで行う全奏はそこを使用します。

ホールは他にも、3日目の練習を終えた晩コマ(22時頃から)での室内楽大会

などにも利用されました。

室内楽大会は、弦楽器によるアンサンブルや


(理系ドイツ語選択の団員によるクインテット。チェックに眼鏡は制服!)

打楽器によるアンサンブル、


(打楽器セクションの気合の入った一曲)

木管や金管それぞれの室内楽の発表を楽しみました。

今年の秋合宿室内楽大会は、皆クオリティが高く、

楽器や人数構成、作曲家のバリエーションが豊富で非常に楽しめました。

木管ではトレーナーの先生も参加なさっていて、感動モノの、

飽きることのない一晩でした。



秋合宿では室内楽大会のようなイベントだけでなく、

宿から徒歩30秒程度の距離にある海で休み時間や夕方に遊べることも

楽しみのひとつですね。


(仲良く海岸で花火をする1年生の団員)

釣り具を持ってきて大物を釣り上げる猛者もいました。

筆者(男)も水着になって怒号飛び交うビーチバレー(痛い)をしていました。



このように盛りだくさんな内容なので、非常に肉体的疲労がたまってきてしまいます。

とあるヴァイオリンパートの団員などは、疲れのあまり(?)眠ったまま

完全脱力の美しいヴァイオリンの演奏ポーズを見せるまでとなりました。


(ん…あぁ…夢でイザイ弾いてた…←寝起き)

雑コラ作り放題ですね。

でも、どんなに疲れていても金管セクションによる朝ごはんの合図が響き渡り、

団員達の目を覚ましてくれます!(頑なに起きようとしない人もいるようですが…)


(安全面には充分配慮をしております)



そうこうしているうちに秋合宿も終わりを迎えます。

最終日前日の晩コマは、1年生の団員を中心とする芸の披露大会です。


(Vcパートの指揮モノマネに乱入する白鳥たち)

芸は、合宿の最終日前日の晩コマに、Vn、Va、Vc、Cb&打、木管、金管に

分かれて発表します。ここに全力をかける団員も少なくありません。

先生方に講評をしていただき、今回は金管が優勝しました!

金管は新歓合宿から2連勝ですね。

我がVnパートの去年の秋合宿以来の優勝をまたこの目で見たいものです。





11/25の駒場祭の本番が着実に迫ってきています。

まだまだ完成には程遠い駒場オケですが、ここからさらに成長し、

よい本番を迎えることができるように頑張っていきたいと思います。


27tks

夏季集中練習終了!

こんにちは!東大オケ27tksです。

8/15から始まった夏季集中練習も、ついに昨日で終わりとなりました!

初日の様子はこちら、2日目の様子はこちらで確認できます。



最終日となる3日目は、台風一過といいますか、天気が良く、

そしてなにより暑い!!暑かったのです。

しかし我々は休憩時間もそこそこに冷房の効いたホールで一日中練習をする身。

あまり暑さの影響を受けることなく過ごすことができました。

これも集中練習のおかげですね!



夏季集中練習が、11/25に本番を迎える駒場祭期間の練習としては、

初めての本格的な練習でした。

団員それぞれが課題や、発見などを得られた3日間だったのではないでしょうか。

トレーナーの先生も、この3日間だけでもだいぶ変わったよ、と言ってくださいました。


(練習の結果脚を増やせるようになった団員)

ちなみに写真の団員たちが食べているパンは、練習会場のすぐ裏手にある

パン屋さんのパンです。

元々人気のお店でお客さんが多いところに、この3日間団員がお昼ごとに押し寄せたため

行列のできるパン屋さんとなっていました(笑)

実際筆者もここのパンをいくつか買って食べてみたのですが、沢山の種類がある上に

どれも工夫が凝らされていて美味しかったです。

3日間でここのパンを20個近く一人で食べた団員もいました。




そんな夏季集中練習でしたが、最後は団員みんなで片づけやトラックへの積み込みをしました。


(積み込みや片づけを行う団員)

一通り終わって団員が帰り始めた中、人の少なくなったホールの落とし物確認を

残った団員でしていると、もう終わってしまったのか、という気分になりました。

ここからしばらく本郷などで普段通りの練習をすると、また9月頭には秋合宿があります。

今度は4泊5日と、ボリューミーな内容となっております。

ともすればあっという間に本番を迎えてしまうような気もしますので、

気を抜かず、本番までの一回一回の練習を大切にできるといいですね。



それでは、またの更新をお楽しみに!

27tks

夏季集中練習2日目!

こんにちは、お久しぶりの東大オケ27tksです!


昨日は東大オケ夏季集中練習の2日目でした。初日の様子はこちらです。

集中練習では、本番の編成で行う全奏、セクションごとに分かれての分奏、

パート練習などをします。



昨日の朝コマは、分奏でした。

分奏では、トレーナーの先生をお呼びして練習をみていただいたり、

パートリーダーが練習をつけたりします。


(トレーナーの先生による木管分奏の様子)

楽器の数を少なくするとアンサンブルが少し単純になるので、

細かいところまで練習をすることができますね。

また、セクションの楽器の専門の先生から的確なアドバイスをいただけます。




(ヴァイオリン、ヴィオラの合同パート練習の様子)

「1、2、3、4」「「「5、6、7、8!」」」

えー、こちらはアキレス腱伸ばしをしていますね。

身体と精神の状態が音に直結する、ということを実感する目的ですね。



集中練習や合宿では、普段の何倍も練習をできる、ということだけじゃなく、

長い時間団員と一緒にいる、という楽しみもありますね。


(先生を囲んで昼食をとる木管セクションの様子)

合宿ではなく通いなので一緒に泊まる、という楽しみはありませんが、

やはりいつもよりも団員達のテンションも高めな気もします。



そんな夏季集中練習2日目でしたが、台風の接近により家が遠い団員の帰宅が

困難になる危険性を考慮して、休憩時間を削るなどで、予定より早めに撤退しました。


(台風のイメージ図)

早く帰れて喜ぶ団員と練習が減り残念に思う団員、どちらが多かったのでしょうか(笑)


それでは、またの更新をお待ちください!

27tks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。