東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介その2 ~東大オケ入団、松山公演決定

こんにちは。今朝は、期待していた雪は降りませんでしたが、
やっぱり寒い一日でした。
昼から冷たい雨が降り出しましたが、
こんな日は花粉の飛びが少なくて、過ごしやすいという良さもあります。
(私は極度の花粉症で、普段はマスクにメガネの防御体制です)


それでは、昨日の続き、自己紹介その2を書きたいと思います。

●東大オケに入団

大学入学後、どんなサークルに入ろうかと、新入生集めに必死な上級生の
勧誘の嵐に巻き込まれながら考えていると、
「やっぱりオーケストラに入りたい!」という気持ちが高まっていきました。

東大にはオーケストラ団体は5つあるのですが、
その中でも、特に心を奪われたのが東大オケでした。

・プロの指揮者・奏者が毎回教えに来てくれる
・活動内容が充実していて、休む暇がないほど次から次へと演奏会がある
・練習回数が多く厳しいけれど、その分、上達できる
・勉強の片手間ではなく、真剣に大学生活を賭けてやっている団員が多い

というアピールポイントに惹かれて、入団を決意しました。

しかし!そこでは「楽器決め」という関門が待ち受けていたのです。
吹奏楽とは違って、オーケストラの管楽器は奏者の数が決まっています。

私の希望していたファゴットは、一学年2人まで、という制限がありました。
しかしこの年のファゴット希望の新入生は、私を含め5人もいたのです。

先輩との面談の結果、あえなくファゴットには別の2人が決まってしまいました・・・(涙)

悲しみにくれる中、拾ってくれたパートが、コントラバスパートでした。
コントラバスは毎年希望者が少なく、上級生は新入生集めに必死だったのです。

そこで「弦楽器を始めるのも悪くないな」と思い、コントラバスを始めました。
コントラバスは、東大オケでは大学から始めた人が多く、
6人中、私を含め5人がそうです。

そして、先輩の指導を受けながらコントラバスを演奏していくうちに、
オーケストラ全体を支える豊かな低音の魅力にのめりこみ、
コントラバスを愛するようになって今に至ります。
大きな図体、重くて扱いづらく、音の判別がつかないくらい低い音を弾くこともありますが、
やってみると本当に楽しい楽器です。

●松山で公演をすることに!

東大オケでは、サマーコンサートツアーという名前の、
毎年8月初めに4日間かけて地方3都市をめぐる全国公演をします。

その公演地は、
「東大オケを我が故郷へ!」と意気込んで立候補した地方出身の団員の出身地の中から選びます。

私は、今まで私に音楽を教えてくれた先生方や
一緒に吹奏楽部で頑張った仲間、お世話になった方々、
そして愛媛に住む多くの方々に、東大オケの演奏をぜひ聴いてもらいたいと思い、
立候補を決意しました。

そして、団員による候補地選びの多数決の結果、
みごと松山で公演をすることが決定したのです!

そして、静岡→大阪→松山、というツアールートが決定しました。

公演をマネージメントする係りのことを、東大オケでは「外務」と呼びます。
そして、私は「松山外務」として、
サマーコンサート松山公演を成功させるために、いろいろなお仕事を始めました。

では、その後にしてきた外務のお仕事は、次回書くことにします。


スポンサーサイト

自己紹介です

こんにちは。今日の東京は最高気温4度と、とても寒い一日でした。

明日の朝も、大雪が降るかもしれないとの予報・・・
もう3月になったというのに、まだまだ寒い日が続きますね。

でも、私の育った松山は雪が降ることはあまりなく、
積もっても3センチまでだったので、大雪と聞くとちょっとワクワクしてしまいます。


今日は、東大オケで松山公演のマネージメントを担当することになった私、
19こんとらばすの自己紹介をしたいと思います。

●名前の由来

東大オケでは、学年のことを、入団年度で呼びます。
例えば、今度の4月に入学してくる後輩たちだと、21(にーいち)となります。

私は平成19年に入団したので、19(いちきゅー)なのです。
この呼び方の風習は、ずいぶん昔からあるようで、
今までにお会いしたことのある最もご年長の先輩は、
29(昭和29年入団)、現在74歳の方です。

「こんとらばす」は私が弾いている楽器です。
高さ約2メートルの、巨大なヴァイオリンといったら想像していただけるでしょうか?

ジャズやポップスでも、ウッドベースとして活躍する大型弦楽器です。
東大オケには現在6人のコントラバス奏者がいます。


●生まれは松山、育ちも松山

私は、生まれてから18年間、ずっと松山で育ちました。

小学校から始めた吹奏楽にはまり、
中学・高校もずっと吹奏楽部に所属し、毎日練習に励んでいました。

しかし楽器はコントラバスではなく、ファゴットという
お菓子の「トッポ」のような、細長くて茶色い、低音の木管楽器をやっていました。

吹奏楽部では、クラシックやポップス、ラテンなど様々なジャンルの曲を
演奏する機会に恵まれました。

その中でも、オーケストラのクラシック曲を吹奏楽用に編曲した曲を聴いたり、
吹奏楽コンクールで演奏したりするうちに、
オーケストラの響きに惚れ込んでしまいました。

それから、こつこつと千舟町のヤマハや、銀天街のまるいレコード(ローカルですね)に通い、
オーケストラ演奏のCDを買い集め、オーケストラへの憧れを深めていったのです。



書いているとどんどん長くなってしまいました・・・

続きはまた次回にまわします。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。