東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマコンの練習が始まりました

3月30日(月)、今日はサマーコンサートに向けた最初の練習日です。
N響チェロ奏者の桑田先生に来ていただいて、弦楽器の合奏を見ていただきました。

・ワーグナー:歌劇「さまよえるオランダ人」序曲・・・40分
・シューマン:序曲、スケルツォとフィナーレ・・・80分
・ブラームス:交響曲第4番・・・90分
くらいの時間ずつ指導してもらいました

これらの曲を合奏するのは今日が初めてだったので、
他のパートを聴きつつ、小節を数えつつ、指揮を見つつ、コントラバスの首席奏者を見つつ、自分の弾き方を考えて演奏しなければなりません。
かなり集中力が必要です。ずいぶんつかれました。

桑田先生は、毎年7~8回指導に来てくださいます。
ユーモアあふれる人柄で、団員に大人気です。
2009.3.30桑田先生弦分奏
休憩中に演奏方法を聞きに行ったコンサートマスター(右)に、
見本を見せている桑田先生(中央)。
団員のチェロをひょいと取って、軽々と見本演奏をしてくれます。
ヴァイオリンパートの難しいフレーズでも、チェロでさらっと弾く姿がカッコいい!さすがプロです。
実際に「こう弾くんだよ」と示してくださると、団員もそれに刺激を受けて、自分の出す音が変わるのが実感できます。

今週木曜日には、管楽器・打楽器も加えた合奏練習がはじまります。
いよいよサマーコンサートに向けて本格始動です!

サマーコンサート2009松山公演まで あと128日

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。