東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期GP

1月13日は、定期演奏会のGPでした。

セッティングの様子です。

2011.1.13セッティング

一曲を途中で止めずに、最後まで通しでやってみました。

ショスタコーヴィチは30分、マーラーは50分近くあるので、通すとめちゃくちゃ疲れます…!
マーラーの4楽章の最後のページなんか、ほとんどの音量がフォルティシモ以上。体力消費が激しいです(笑)。

2011.1.13チューバ持ち替え

チューバは通常の楽器とF管の楽器を持ち替えています。
ミュートも特大です。


ショスタコーヴィチの3楽章では未だにテンポが噛み合わず、弾きながら冷や汗が流れる場面もありました。
最後まで結局合わなかったか…と残念な思いでしたが、各人の前日さらいに期待します。もちろん私も…

2011.1.13全奏

高関先生には「ト書きが見えすぎてる」と言われました。
弾いているとわからないのですが、何度も練習してきたせいか、慣れで音楽が進んでしまっているのかもしれません。
テンポの巻き/緩み、溜めみたいなものを予定調和的にこなしてしまっている気がします。

昨年の定期演奏会で現田先生に教わったことを思い出しました。「同じ指揮はしない」とおっしゃっていた意味がなんとなく分かるような気がします。

アンコールの曲も練習しました。
2011.1.13アンコール管楽器



4年間通ったこの二食で練習するのも今日が最後でしたが、まだ卒団する実感がありません。

明日の定期演奏会は、これまで一緒にやってきたメンバーたちとの最後の演奏です。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。