東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒川ホール全奏

こんばんは!22オーシャンです(^^)

ドリアン(22)のようにワイルドな文章は書けませんが(笑)、
本日も当団の活動の様子をレポートしていこうと思います!


今回お送りいたしますのは、、
サンパール荒川でのホール全奏の様子です(・ω・)


ホール全奏というのは、普段の二食ホールでの全奏とは異なり、
演奏会本番をより意識して、比較的小さめのホールを借りて、
さらに普段の練習よりも長い時間をかけてみっちりと行う全奏のことです。
団員一同、普段以上の意気込みで臨みます!

さっそく、どんな様子か覗いてみましょう|▽・)

P1140919.jpg

ステージ上で団員はスタンバイ!
各自音出しをしたり、ホールの響きを確認しています…
そして、三石精一先生もスコアを取り出して準備万端のご様子!

この日の練習は、

前曲(ロメオとジュリエット)
→中曲(ローマの噴水)
→お昼ご飯休憩
→メイン(スコットランド)

の順番で行われました。

P1140929.jpg

 まずは前曲から。
やはり三石先生が指揮なさる様子は格別です!
円熟した指揮法に加えて、年齢を感じさせない、若者にも負けぬ気迫・体力・精神力…
 演奏している我々もそのすさまじいオーラに圧倒されてしまいそうになります(笑)

 もちろん客席からもこの凄みを体感することができます!

 続いては中曲の様子。

P1140921.jpg

この曲ではピアノ・チェレスタに加え、ハープ2台を使用します。
こんなに大きな編成で演奏するのは私オーシャンも初めての経験です^^;

普段の二食ホールでの練習では、そもそもこれらすべての楽器が揃った状態で練習するということが、
スペース的にも機会的にも難しいのですが、
今回のホール全奏では初めてすべての楽器がきちんと出そろいました!

改めて、どれだけの編成で演奏するのか、全体像を見てみましょう!

P1140935.jpg

オーケストラの編成というのはただでさえ大きいと感じてしまいがちですが、
大型楽器がこれだけ揃うとさらに巨大なものに感じてしまいますね(笑)

さて、この写真は客席から撮ったものですが、

よく見るとスコアを片手に客席から聞いている人もいます。

ホール全奏では、トレーナーの先生やOBの方に来ていただいたり、
あるいはその曲に乗っていない団員や弦楽器の団員が客席に来て、

曲がどんな感じに仕上がっているか、各パートでチェックする、
ということがよく行われます。

二食ホールよりも本番に近い響きで聞こえるので、
よりリアルな形で改善していく良いチャンスなのです!

 以前このブログでは自主全奏の様子もお伝えしましたが、
このような形でも、団員の視点からもより良い演奏を作り上げようという試みがなされています。

こんな感じで、この日の全奏は進んで行きました。
三石先生からは、普段の全奏よりも詳細なご指導をいただき、
有意義に全奏を終えることができました。

今日でとうとうサマーコンサート2012東京公演まで1ヶ月を切ってしまいましたが、
もっともっときれいで、楽しくて、胸に響くような演奏をお届けできたらと思い、
日々練習に励んでいきたいと思います!

それでは今回はこのあたりで失礼いたしますm(__)m

22オーシャン

~~おまけ~~

P1140931.jpg

客席で練習の様子を聞く、バイオリンパートのSさん。
ステージに乗っていなくても、すごく楽しげですね(^^)


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。