東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第98回定期演奏会、本番!!!

お久しぶりです。22オーシャンです。

とうとう第98回定期演奏会も終わってしまい、
気づいたら1週間が経過しておりました…
ご無沙汰しており申し訳ございませんm(__)m

さて、今回はこの定期演奏会本番の模様をお伝えしたいと思います!

会場はもちろん、あのサントリーホールです!
受付の内側からパシャリっ。

suntory2.jpg

もちろんここでは、朝から「挟み込み」も行われていました。
プログラム部数もチラシの数も非常に多かったため、大忙しでした(^^;

suntory1.jpg

そして、サントリーホール大ホールの中を見てみましょう!

まずは客席。

suntory4.jpg

奥行きもかなりあり、相当な席数です(ちなみにあわせて2006席です)。

舞台側の席も。かなり舞台に近いところで、なかなか臨場感あふれる座席になっています!

suntory5.jpg

ちなみに私もこの反対側のブロックに座ったことがあるのですが、
演奏者と同じ向きから見ていると、音の感じ方もまるで違います!

さて、舞台はどんな感じかというと…?

suntory6.jpg

「迫」があるため、舞台後ろの方が高さがあります。
舞台自体にも広さがあるため、これだけでもなかなかの迫力なのですが…。

上を見上げると…!

suntory7.jpg


今回のプログラムの目玉にもなる、大きなオルガンがあるのです。
この響き、本当にすばらしいのです…。心が洗われる思いでした(^^;


さて、ステリハ前の様子をパシャリ。

suntory8.jpg

団員一同、真剣に調整に取り組んでいます。
考えてみれば、サントリーホールで演奏できる機会などめったにありません。
この演奏会がサントリーで演奏する最初で最後のチャンスかもしれないのです…。

って思うと、私自身、とにかく最大限にこのチャンスを楽しみたいし、悔いのない演奏にしたいなという気持ちが湧きあがってきて、かえって本番前日は眠れませんでした(笑)。
きっと、どの団員も同じような心境だったことでしょう。

ステリハが終わった後も、本番に備えての練習に念を入れます。

suntory9.jpg

コントラバスの3年生のK君。
低弦は任せろ!といわんばかりのこの満面な笑顔です(^^)

さて、本番直前の舞台裏。
皆それぞれの思いを抱え、待機していました。
そんなときに撮れた一枚。

suntory11.jpg

フルート3年生のN君。今期は当団の総務として大忙しでした…。
リストの交響詩「前奏曲」のフルートトップを務めますが、さわやかで余裕の笑顔(^o^)

さて、演奏会の舞台裏のレポートはこれでおしまいです。


続いて、せっかくなので、演奏会後のレセプションの様子も少々ご紹介します。

今回の指揮を務めてくださった、当団常任指揮者の田代俊文先生。

suntory12.jpg

「何としても4年生を、最後の演奏会を成功させて送り出してやりたかった。」
とおっしゃっていました。本当にお世話になりました!

続いて、コンサートミストレスのTさん。

suntory13.jpg

「どんなに大変なことがあっても、音楽を楽しむ心を忘れないでほしい。」
という言葉がとても印象的でした。そして人一倍音楽に真剣に取り組み、
楽しんでいたコンサートミストレスでした!

最後に、東京外務です。

suntory14.jpg

サマーコンサートに引き続き、当演奏会の運営の中心として、
この東京外務の活躍があってこそ、無事演奏会を開催することができました!

レセプションの様子もこれでおしまいです。
こうして今回の定期演奏会は無事終了いたしました。

このたびは、大変多くのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
諸事情により、チケット販売後であるにも関わらず、指揮者・オルガニストを変更することとなってしまい、
大変申し訳ございませんでした。

団員一同、この日、サントリーホールというこの最高の演奏会場で、
お客様方に最高の音楽、最高の響きをお届けするために、
あまり扱ってこなかったフランス系のプログラムを試行錯誤しつつ、
どのように音を作ってゆくべきか、と練習の段階から一生懸命考えてまいりました。
普段はドイツ系音楽を多く取り扱ってきた東大オケで、
フランス音楽の独特な和声や流れを作っていくのは困難もありました。

しかし、団員一人一人が、こういう音楽を作りたい、と意欲的に取り組み、
本番に臨みました。
今回の演奏会で、一人でも多くのお客様に感動をお伝えすることができましたら、
我々の何よりの幸せです。

最後に、当演奏会の開催にあたりまして、各方面の方々からも多大なるご協力を頂きました。
本当にありがとうございました。
無事演奏会を成功させることができ、我々団員にとってこれ以上の幸せはありません。


また東大オケの演奏会に足をお運びくだされば、と思います。
東大オケをこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

また、引き続きこのブログで、次の演奏会のご案内や練習風景のレポートなどができたら、と思います。
これからも東大オケ練習日記をよろしくお願いいたします!

ではこの辺で失礼いたしますm(__)m

~~おまけ~~

この定期演奏会で卒団する4年生の記念写真。

suntory10.jpg

4年間本当におつかれさまでした!

22オーシャン

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。