FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

東大オケ団員の履修のススメ!⑦ byコントラバスパート員

こんにちは!東大オケのコントラバスパートです。

コントラバスパートの重要度はもういくら語っても足りないです!!!なのに今の時点でバスパートは6人しかいないのでとても悲しいです。。。
コントラバスパートは少人数なのでパート員同士も仲が良く、初心者にとても優しいパートです。
私も東大オケに入って基本技術から再び学び始めましたが、先輩とプロの先生のおかげで成長が早かったです。
優しい先輩に囲まれて成長するあつ森より平和な雰囲気、魅力的ではないでしょうか?そして経験者にとってもすごく魅力的なパートです。曲の難易度は基本高いので挑戦するモチベーションがあるし、パート員も楽器に対する向上心がすごいです。


さて、本論に入りますが、今回の履修のおすすめはちょっと特別です。新入生の皆さん、PEAKというプログラムを知ってますか?教養学部英語コース(PEAK)は、前期課程の「国際教養コース」、後期課程の「国際日本研究コース」ならびに「国際環境学コース」から構成されます。全ての授業が英語で行われるコースで、外国人留学生と帰国子女が多いとてもインターナショナルなコースです。

実は筆者である私もPEAK生なので、今回はPEAKの授業をおすすめします。みなさん、皆さんの英語力を試したくないですか?外国人の友達と仲良くなりたくないですか?PEAKの授業に参加すればその全てができます。PEAKの授業は日本の一般的な授業とは違って、学生の積極的な発言が必要です。

さて、皆さんが参加できるPEAKの総合科目です。全部文系向けの授業ですが、理系の方も履修できます。

Peak生のCourse Code: 30611 (水1)
それ以外の人のCourse Code:30608(総合科目A)
Course: Ideas and Arts II (PEAK)
Instructor: Dalgliesh Bregham
Subtitle: Introduction to Political Theory
一番おすすめの授業です。授業中ディベートが多いのでぜひ取ってください。個人的にDalgliesh先生のユーモアセンスを尊敬してます。

Peak生のCourse Code: 30839 (水5)
それ以外の人のCourse Code:30821(総合科目A)

Course: Ideas and Arts IV (PEAK)
Instructor: Holca Irina
Subtitle: What is “Modern,” “Japanese,” “Literature”? Exploring Japan’s Modernity through Literary Discourse
日本文学を英語で学べる授業です。

PEAKの授業は英語に結構自信がある方にお勧めします。そしてPEAKの授業では発言がとても大事ですよ!
スポンサーサイト