FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

東大オケ団員の履修のススメ!⑫ byヴィオラパート員

 はじめまして😊
本日は東大オケヴィオラパート2年の者がお話しさせていただきます。

 まず、ヴィオラパートの魅力をご紹介します🎶
ヴィオラはそう、大きいヴァイオリンです🎻オーケストラの中では低音と高音の間を繋ぐような役割をしていてオーケストラには欠かせない楽器です。
ヴィオラパートはそんな重要な役目が果たせるように、基礎練習に力を入れています。楽器の持ち方から、姿勢、音程、弓の使い方、弦の押さえ方など、基本的でかつとても重要な要素を先輩から丁寧に教わることができます✨
経験者の方はオーケストラの中で活躍する喜びを、初心者の方は楽器を弾いてオーケストラの一部になる楽しさを味わうことができます。私たちと一緒にぜひ、大学時代の最高の思い出を作りましょう😆

さて、いよいよ履修のお勧めをしていきたいと思います。
今回私が紹介するのは総合科目A系列の美術論(三浦篤先生)という授業です。残念ながら今年は月曜5限という時間割ですので、弦経験者の方は履修が難しくなっていますから注意してください🙇‍♀️
この授業では、レオナルド・ダ・ヴィンチのようなオールドマスターズと呼ばれる画家たちの絵画作品について、聖書の物語の背景や時代の背景を学ぶことができます。また、上野の国立西洋美術館で授業の成果を実際に感じる機会も設けられています。
理系の方でも興味を持ちやすい内容で、絵画好きの人にも、少し絵画に詳しくなりたいという人にもお勧めです👀是非、履修の計画を立てる際の参考にしていただければと思います。

 では、東大オケヴィオラパートでみなさんをお待ちしております
スポンサーサイト