FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

東大オケ団員の履修のススメ!⑬ byクラリネットパート員

こんにちは!
今回はクラリネットパート4年が執筆担当です❗

クラリネットは2年生が1人、3、4年生が2人ずつの合計5人で活動しています!なんと今いるパート員は全員が吹奏楽出身者
オーケストラの知識や経験がなくても先輩や先生が一からきっちりと教えちゃいます!
もちろん楽器そのものの経験がなくても大歓迎!!クラリネットの音ってどんなの?という方は、モーツァルトの「クラリネット協奏曲」を聴いてみましょう。 温かい音色に惚れること間違いなしの名曲です(^^)
僕がオススメの演奏はこちら。クラリネットの魅力がこれでもかと伝わってくる素晴らしい演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=-W1Ucd_LJgM

クラリネット吹きなら誰もが一度は吹いてみたいと思うこの曲、実は僕が知ったのは大学に入ってから、東大オケの友人に教えてもらったのがきっかけでした。
クラシック音楽やクラリネットの知識が全然ない状態で東大オケに入った僕ですが、音楽について熱く語れる同期や先輩がたくさんいて、飽きることなく毎日練習に取り組めちゃいます。

大学の授業もいよいよ始まりますね!みなさんは第二外国語に何を選びましたか?
僕は第二外国語にドイツ語を選びドイツ語の楽しさに目覚め、今は文学部のドイツ語ドイツ文学専修(通称独文)に所属しています。先輩も先生もクラシック音楽に詳しい人ばかりで、授業の合間に話し込んでしまうことも……(._.)

そんなドイツ文学と音楽には切っても切れない密接なつながりがあります。筆者が2年生の時にベートーヴェンの「エグモント」という曲を演奏しましたが、この曲はドイツの詩人ゲーテの作品が元となっています。先生にお願いしたら、なんと授業で「エグモント」の文章を読ませてもらえることに!元々好きな曲だったのですが、ゲーテの文章を読んでからはさらに好きになりました(*^^*)
こんなふうにドイツ文学は音楽を文学の側面から見つめることができる、とっても楽しいところです。

そろそろみんなドイツ語に興味が湧いてきたんじゃないですか??
第二外国語がドイツ語じゃないよ……という人も安心、東大の授業には第三外国語があります!オケをやるならやっぱりドイツ語も勉強しておかないとね(もちろん東大オケはドイツ語を勉強してなくても入れます)ということで、みんなが東大オケ(と独文)に来るのを楽しみにしています!!
スポンサーサイト