FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

東大オケの魅力! ④チェロパート

どーもー!音楽を愛し、音楽に愛されたパート!チェ・ロ・パー・トです!イェーーーイ!!


失礼しました。少々うるさかったですね。こんにちは。最近クレープづくりの動画を見ることにはまっているチェロパート2年生です。クリームたっぷりのクレープ、食べたいですね。ちなみに好きな食べ物はお寿司です。まあそんなことはどうでもいいっていう話ですよね。


ではでは!早速今回は、東大オケチェロパートの魅力を紹介していきたいと思いますっ!

ひゅうぃごーーーー!(テンション高めでいきます)



まずは東大オケのチェロパートの魅力から!!

①仲が良い

東大オケチェロパートはとても仲が良いパートです!毎回練習が終わった後、2年生5人は仲良く一緒に駅まで帰っています昨年度は新型コロナの関係で行く機会がなかったのですが、例年は、毎週金曜日のパート練習の後には皆でラーメンを食べ(後輩は奢ってもらえるらしい)、春にはパート旅行を楽しむらしいです(行きたいなぁ)


②先輩が優しい

ェロパートの先輩方はとても優しいです!練習の時に難しくて弾けないところがあっても、怒らないで丁寧に教えてくれます。私は練習が始まったばかりの頃、緊張でびくびくして全く堂々と弾けなかったのですが、チェロパート員の方々が皆優しく話しかけてくれたので、今では自信をもって音を出せるようになってきました。個人分奏という、パートリーダーの先輩に一対一で指導していただく練習でも、できないところはしっかりとアドバイスをいただき、逆にできるところは褒めてもらえるので、いい環境の中でチェロを上達させることができます。


③パート練習のアットホームな雰囲気

パート練習はチェロパートのみでの練習で毎週金曜日にあります。チェロのパート練習は雰囲気があたたかく、和やかで楽しいです。先輩が時々センスのあるギャグを言っているのもとても面白いです。


④ちょうどいいバランス感

東大では男子の割合がとても高いですよね。そして、東大オケでは理系が多いイメージがあります。チェロパートは現在2年生~4年生まで11人いますが、男女比は65で、文理の比率は74です。なんだかちょうどいいバランスですね。一人暮らし:実家暮らしも56です。チェロパートには色々な人がいるので、新入生の皆さんも悩みがあったら誰かしらに相談するといい答えが返ってくるかもしれません。


次にチェロという楽器の魅力を少し!

①ケースが可愛い♡

子供一人分くらいの大きさで、頭、肩、お尻のように見える形をしているので小さい子を後ろに背負っているように見えます。コンビニの店員さんに、後ろに人がくっついてるのかと思った、とびっくりされたことがあります(本当です)。チェロのケースはカラーバリエーションが豊富で、渋い色も、パステルで可愛い色もあります。チェロパートは現在2年生から4年生まで11人で活動していますが、パート練習終わりに皆がチェロケースを担いでいるのを後ろから見るとカラフルなケースが歩いているようでとてもかわいいです♡


②豊かな音色

チェロは音域が広く、低くて深い重厚な音色も、高くて繊細で儚い音色も奏でることができます。エスニックで冒険的、それでいてどこか懐かしさと親しみを覚える、人の心を揺さぶる音色を出す楽器です。チェロは人の声に最も近い楽器と言われています。そこが、チェロの音色が人間らしい魅力に溢れている理由なのかもしれませんね。


③オケでの活躍の幅が広い!!

チェロは様々な音色を奏でる素敵な楽器なのです。オーケストラでは、メロディーを弾くことも、ハーモニーをより味わい深いものにする内声を担当することも、メロディーを支えるベースとなることもできます。


④チェロ弾きはモテる()

チェロの形は、魅力的な女性のよう。それを抱きかかえるように弾く姿はとてもかっこよく見えるかも


最後にこれだけ言っておきます。短くまとめるのはほぼ不可能なくらいチェロは良い楽器なのです!

もう、チェロしか勝たん!!!


ということで、長くなってしまいました。ここまで読んでくれた方、本当にありがとう!!


少しでも興味を持った方は、ぜひ東大オケチェロパートへ!!
スポンサーサイト