東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

能見台南音教

こんにちは!22ドリアンです!
新歓合宿の記事以来のお久しぶりということで、もうあれから1ヶ月半もたったのかと思うと月日がたつのも早いものですね、歳を感じるこのごろです。といいますのも、僕ドリアンは浪人で入ったので22の学年の中でも1歳年上なのです。この夏休みには22歳になるのですがそれ以降は、ドリアン(22)になってしまうのではないかと最近心配しています

そんなドリアンのプライベートな悩みは少し置いておいて、今日は先週土曜日の6/23日に行われた能見台南小学校での音楽教室について書きたいと思います。
前回の淑徳音教に続き東京近郊で行う2回目の音教です。

横浜郊外の丘陵地にある住宅地の小学校で、学校の裏は森だったりと、自然豊かなのんびりしていてとてもよいところでした!

DSC01793.jpg
みんなカラフルなTシャツを着て目にも楽しげな様子ですね!これはオケTといって東大オケオリジナルのTシャツでこのように音教のときに指定の衣装となったり、合宿やツアーの夜などに寝巻きとして着ている人もいて、みんななかなか気に入っています笑 前にはオリジナルのプリントがされているので、後々の写真で見てみてください!

さて、ところで、音教といえば、
そう!音教のお姉さん!
DSC01819.jpg
これはサウンドオブミュージックメドレーの演奏中に何の曲かをスケッチブックで紹介しているところですね!
音教では、この音教のお姉さんが司会を務めます。小学生の反応をどれだけ引き出せるかもこのお姉さんの手腕次第といったところでしょうか。しっかり盛り上げられたのかな?!
今回の音教では、楽器紹介のときに
(チューバの紹介で)
お姉さん「大きい楽器ですねー!何キロくらいあるんですか?」
チューバのお兄さん「約10キロくらいあります」
お姉さん「うわーお姉さんより重いなんてびっくり!」
のやりとりで子供だけでなく保護者の皆さんの心も見事掴んでいました
そんな軽い体でこれほど広い会場全体を盛り上げれるとは、さすがの一言です。

DSC01742.jpg
おや?小学生のみんなが席を立って楽器を弾いたりしていますね。私の方がうまいぜぇと乗っ取られてしまったのでしょうか。ワイルドだなぁ~

ってそんなわけはなく、これは楽器体験の時間です!
休憩時間の間、聴いていて気に入った楽器や触ってみたい楽器を実際に体験できちゃうのです!
毎回打楽器は特に人気で、打楽器のあたりはすさまじくドンチャンと盛り上がっています笑

DSC01784.jpg
おや?小学生の凛々しい彼が指揮台に立って指揮をしていますね。おれのほうがうまいぜぇと乗っ取られてしまったのでしょうか。ワイルドだなぁ ってこのくだりはもうやめましょう! 今のトレンド、ワイルドをつい使いたくなってしまった僕ドリアンの若気の至りです。失礼いたしました

これは指揮者体験ですね!今年は指揮の難しいベートーベンの運命の1楽章が指揮者体験の曲なのですが、今回指揮をしてくれた3人の子は3人ともめちゃくちゃ上手でした!団員みんな弾き終わった後は口々に「うま!」と言ってるのが聞こえてきました!

DSC01824.jpg
そんなこんなで音教も最後の曲になってしまいました。これはサウンドオブミュージックメドレー最後の曲「ドレミの歌」で小学生のみんなのリコーダーと一緒に演奏しているところです!
自然豊かな能見台の地で育ったみんなの吹くリコーダーの澄んだ響きでドリアンの汚れた心が洗われたのは言うまでもありません。

いつも感じるのですが、音教は終わった後、なんともいえない清々しい気持ちになれてとってもやって良かったなあと思えるものです。これも小学生の持つパワーなのでしょうか。それともエネルギーに満ち溢れ輝いていたかつての小学校時代を思い出すからでしょうか。答えは心の中にしまっておきましょう。

こんな楽しい音教も残すところあと2回!残りも小学生に負けないように若々しく楽しみたいと思います!
DSC01766.jpg
おまけ:楽器体験でマダム地方を開拓するK君
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://todaiorchmatsuyama.blog26.fc2.com/tb.php/241-7282d963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad