FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマコン2012 外務インタビュー!!~京都外務編~

こんばんは!!
連日の更新となりました(^^)

さて、本日も外務インタビューを掲載したいと思います!
本日は和光市でホール全奏があったのですが、
その休憩の合間を縫ってインタビューさせていただきました!

つまり、このとれたてほやほやのインタビューが今、記事になろうとしているのです(・ω・)
あ、ホール全奏の日記に関してはまた後日掲載いたしますね♪

さてさて、今回のインタビューは…?


…じゃーん!!京都外務です(^^)

DSC01859.jpg

一番右側が、バイオリンのIくんです。京都出身です!
真ん中、バイオリンのKさんは滋賀の出身。おとなりさんですね(^^)
一番左側はバイオリンのOさん。関西の出身ではありませんが、
いつも笑顔で楽しく仕事をしています(・▽・)

それでは、インタビューすたーとっ!

~~~~~~~~~~~~~~~~

Q1.それぞれどんなお仕事を担当しているのか、、教えてください。

Iくん:「僕は広報担当で、関西の非常に多くの地下鉄の駅に、東大オケのポスターを貼っていただいたり、
    関西の音楽団体や楽器店、CDショップにチラシを置いてもらうなどして宣伝をしていました。」

Kさん:「私はホール担当で、今回の演奏会場の京都コンサートホールとの打ち合わせを行っています。
    このホールは京大オケがいつもよく演奏会に使用するホールで、音響がとても素晴らしいホールです。
    オルガンもすごくきれいに設置されています。この立派なホールで良い演奏会ができるよう、これからも    入念に打ち合わせていきます(・ω・)」

Oさん:「私は関西出身ではありませんが、チケット担当として働いています。当団にも関西出身の団員が多くいま    すので、その方々を中心に窓口になってもらい、チケットを分担して売ってもらうなどし、
    それを総括しています。団員の知り合いの方もたくさんいらっしゃいますが、
    東大オケについて全くご存じない方や、知り合いのいない方でも、ぜひ東大オケのひと夏を感じて
いただきたいです(^^)」

Q2.今回のプログラムの印象や雰囲気について、どう感じてますか?

Iくん:「熱い曲からさわやかな曲まで、また時には哀愁漂うメロディも登場し、
    バラエティーに富んだプログラムになっていますね!
    この一曲・このワンフレーズに情熱を注いで演奏する東大オケの団員の表情に注目です(・ω・)」

Oさん:「曲のモチーフになっている具体的な情景が、メロディを聞いた途端すぐに
    浮かんでくるような曲ばかりですね。ぜひその情景に思いをはせて聞いてみてください!」

Kさん:「スコットランドは本当に最高の名曲です!何度も聞いて演奏しているいるうちに、
    本当にスコットランドに行きたくなって飛行機のチケットを予約してしまったくらいでした(笑)」
Q3.ズバリ、京都公演やご当地のアピールポイントは!?

Iくん:「夏にはとても涼しげな風景になります!…暑いけど(笑)。
    特に、この京都公演を満喫したら、ぜひ夜の清水寺に行ってみてほしいです(・ω・)」

Kさん:「京都はやっぱり京菓子がすごく上品で甘くておいしいです!
    今回は団員のお弁当にも京菓子が付いてくることになったので、とても楽しみにしています(^^)
あとは、昼公演ならではの長所もあります。夜には観光にもいけますし…。
    旅行やお盆の帰省のついでにもお楽しみいただけますね!」

Oさん:「今回の演奏会のホールはとにかく超きれいなんです!特に回廊とか(・▽・)
    あとは外に池があったりして、すごく風流ですよ!」

Q4.最後に、京都公演への意気込みをお聞かせください!

全員「お客様も団員も、すべての人が喜ぶ顔が見たいです!がんばるぞっ!オーっ!(^^)」

ありがとうございました!


~~~~~~~~~~

ちなみにこのインタビューが終わるとすぐに、3人はわいわいとお仕事の打ち合わせをはじめました。

DSC01861.jpg

楽しそうながら熱心ですね!

さて、東大オケ京都公演の詳細はこちら!!


サマーコンサート2012 京都公演

日時:2012年8月14日(火) 13:30開演 (13:00開場)

会場:京都コンサートホール 大ホール

指揮:三石 精一 (当団終身正指揮者)

曲目:
チャイコフスキー/幻想序曲「ロメオとジュリエット」
レスピーギ/交響詩「ローマの噴水」
メンデルスゾーン/交響曲第3番「スコットランド」

チケット:1000円(全席自由)

チケット情報:www.ut-orch.com/ticket.html

facebook :www.facebook.com/utorchkyoto


まだまだたくさんチケットがございますので、
ぜひ足をお運びください!

次回の外務インタビューは高知外務の番やき待ちよってね~

それでは今回はこの辺で!

22オーシャン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://todaiorchmatsuyama.blog26.fc2.com/tb.php/245-07240e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。