東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

サマコン2012 外務インタビュー!!~神奈川外務編~

こんばんは、22オーシャンです(^^)

 以前全奏の際、スコットランドの第一楽章のAllegro un poco agitatoの出だしを練習している際、
三石先生は、

「ここは海を表す音楽。音量は落とし目で静かではありながらも、
音楽的にはいろいろな動きを見せなければいけないんだよ。」

とおっしゃいました。

こういう場面で、極上のピアニッシモを作らなければなりませんし、
スコッチは正確でかつこのような繊細さを的確に表現するということが非常に難しい曲です。

…しかし、

「このイ短調で美しく、どこかはかなげなこの交響曲を、
 東大オケが演奏したらどんな音がするんだろう?」

なーんて思ったりしませんか?
そう思われた読者の方はぜひ、お近くの公演へお越しください!

どの曲でも、普段の練習から様々な試行錯誤を通じて得られた、
いろいろな工夫がみられるかと思います(・ω・)

ちなみに、わたくし22オーシャンは1stVnですが、
この海のメロディーが大好きでついつい練習してしまいます^^;

…なんでだろう?名前のせいかな?

はい、つまらないギャグですみませんm(__)m


さて、外務インタビューも今回でおしまい。
最後を飾るのは、神奈川外務です!

じゃん!

DSC01869.jpg

一番右が、バイオリンのOくん。すごくいい声してるんですが、ブログでお伝えできないのが残念…
右から二番目はバイオリンのKさん。実は五月祭のコンサートミストレスも務めていました!
左から二番目はトランペットのRくん。髪型がベルリンフィルの某主席指揮者に似ているような…(笑)
そして一番左がチェロの「クター」。ほんとにクターが大好きらしいですよ(^^)

それでは、最後の外務インタビュー、スタート!

~~~~~~~~~~~~

Q1.それぞれの担当とお仕事の内容を教えてください。

Oくん:「僕はチケット担当で、チケットに番号を振った上で、
    パソコンを使って、どれくらいチケットが売れたかなど、
    データを集計しつつ、チケットを管理しています。」

Kさん:「私は神奈川出身で、広報を担当しています。
    県内のオケに電話をかけたり訪問するなどして、チラシを置かせていただいたり、
    他の神奈川外務の人たちや神奈川在住の人、特に海老名に近い人たちに協力してもらい、
    付近にチラシを配ったりしています。」

Rくん:「僕はホール担当で、神奈川県民としての知恵を生かし、
    どのホールが東大オケの演奏会によいかなどを考え、
    海老名市文化会館を予約しました。演奏会当日の運営について、
    ホールの担当の方と話し合い、打ち合わせを行っています。
    ホールの方々は優しい方ばかりで、打ち合わせがすごく楽しいです(^^)」

クター:「僕はGM(ジェネラル・マネージャー)で、
     神奈川外務のお仕事を総合的にマネージメントして…
     …いるわけではなく(笑)、
     他の神奈川外務のあらゆるお仕事を随時サポートしています。」


Q2.今回の曲やプログラムの雰囲気についてどう思いますか?

クター:「ロメジュリは熱く情熱的な曲で、
     噴水は色彩豊かで描写がきれい。
     そしてスコッチは洗練された美しいメロディーが特徴的です。
     それぞれキャラクターが違うので、
     東大オケのいろんな色が見られるすごくわくわくするプログラムだと思います!」

Rくん:「どの曲も時代や国が違っていて、そしてトランペットの使われ方が違います。
    この一つのプログラムだけでもいろいろな演奏が見られると思いますし、
    僕は全曲に乗っていますので、どのように各曲を吹きわけているのか、ぜひご注目ください!(笑)」

Kさん:「雰囲気作りが各曲難しくて、その上演奏も、音を並べるだけでも大変だけど、
    音を並べてからも表現を追求していくとすごく奥が深いなーって痛感させられます…。
    でもとてもやりがいがありますし、
練習を重ねるたびに少しずつ理想に近づいていくのがとても楽しいです(^^)]

Oくん:「今回はどの曲にも表題があって、それだけでも情景がイメージしやすいですね。
    外国を旅し続けているような感覚で聞いていただけると、
    とても楽しめるのではないかと思います」

Q3.今回の演奏会のホールや、神奈川県ってどういうところですか?

Rくん:「ホールは少し小さめですが、スコットランドは編成の小さな曲なので、
   その点よく合っているかなあと思います。また、ホールの周りには田園が広がっていて、
   きっとメンデルスゾーンが想い描いていたスコットランドの情景を想像しやすいと思います。」

Kさん:「まず海老名は下北沢から電車で40分くらいのところにあって、
    駅のそばにはビナウォークというショッピングモールがありますから、
    演奏会の前に寄ってみるときっと楽しいと思います(^^)
    中心部を抜けると、田んぼや畑があって田舎っぽくなるのですが、
    東京から来ても近いのに田舎気分が味わえるし、それでいて結構お店もあるので便利ですよ!」

クター:「海老名に行ったら、空が冴え渡っていて、すごく開放的な気分になれました!」

Oくん:「僕も都民ですが、たまに海老名に演奏会を聞きにいくことがあって、
    その時もあまり遠く感じません。ぜひ都民の方でもお気軽にお越しいただけると思います!」

Q4.最後に演奏会への意気込みを教えてください!

Kさん:「外務をやっていると、郵送や印刷、宣伝などの事務に時間や気を取られてしまいがちなのですが、
    演奏者としても、音楽に対する真剣さを忘れることなく、
    自己満足にも終わらず、来てくださるお客様にも楽しんでいただけるよう、
    外務としても、東大オケとしても頑張っていきたいと思います!」

Oくん:「チケットは僕が責任を持って全力で管理しておりますが、
    ぜひお気軽に演奏会にお越しください(・ω・)」

クター:「GMとしてこれからも全力で他の神奈川外務をサポートしていきます!
     お客様が、来てよかったなあと思えるような演奏にできるよう、
     頑張ります”」

Rくん:「神奈川は僕が小さい頃から暮らしてきたところで、ホールの予約から始めて、
    一から演奏会を作り上げ、そしてたくさんのお客様に来ていただいて、
    僕自身もオケの団員として演奏できるのがとてもうれしいです(^^)
ぜひお客様も心行くまでお楽しみください!」

DSC01870.jpg

「これからも宣伝も練習も頑張ります!チケット管理もばっちり!」

ありがとうございました!

~~~~~~~~~~~~~~~~
    

さてさて、気になるサマコン神奈川公演の詳細はこちら!

サマーコンサート2012 神奈川公演

日時:2012年8月5日(日) 19:00開演 (18:30開場)

会場:海老名市文化会館 大ホール

指揮:三石 精一 (当団終身正指揮者)

曲目:
チャイコフスキー/幻想序曲「ロメオとジュリエット」
レスピーギ/交響詩「ローマの噴水」
メンデルスゾーン/交響曲第3番「スコットランド」

チケット:一枚1000円(全席自由)

チケット情報:www.ut-orch.com/ticket.html
Facebook: www.facebook.com/events/381853188519231/


まだまだたくさんチケットがございますので、
ぜひ足をお運びください!


これで、全外務インタビューが終了いたしました!
いかがでしたか?

現在もどの外務も各公演にむけて、お客様方に楽しんでいただけるよう、
全力を挙げて準備に取り掛かっております!

そして外務でない団員も、より一層の練習に励み、
どのお客さまにも喜んでいただけるような演奏ができるよう、頑張っております!

ぜひこの素晴らしいプログラムを引っ提げ、
各地で東大オケとしての演奏をご披露できるのを、
団員一同心から楽しみにしております(^^)

ぜひともお近くの公演までお気軽に足をお運びください!


劣筆ではございますが、
この5回にわたるインタビュー記事を読んでくださり、本当にありがとうございましたm(__)m

それではこの辺で失礼いたします。
おやすみなさい!

22オーシャン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://todaiorchmatsuyama.blog26.fc2.com/tb.php/248-36894680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad