FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマコン2012 執行部インタビュー!!

こんにちは!22こんとらばす弾きです:)
今日もこのブログに目を通してくださってありがとうございます。

さて、何を隠そうなんと明日からいよいよサマーコンサートツアー2012が始まります!
今年のコースは東京→富山京都高知です!
例年に勝るとも劣らない長い旅程ですが、最後までスタミナ切れしないように気合を入れて頑張ってきたいと思います^^

今日の記事では「執行部インタビュー」をお伝えします!
執行部とは何ぞや?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんので、まずはご本人たちから説明していただきましょう。それでは執行部の3人の方どうぞ~

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

DSC01910.jpg
左からフルートのNくんヴィオラのTさんホルンのFくんです!

こんにちは!
Q1.まずは役職と普段行っている仕事を教えてください!

Nくん「僕は『総務』として、指揮の三石先生などをはじめとする先生方へのご連絡・および練習日程の調整や外部からの依頼演奏に対する受付などを受け持っています。外部の方々に対する当団の窓口的な仕事といえます。」

Tさん「私は『内務』という役職に就いております。主な仕事としましては、普段の練習をするための部屋の利用の申請や、部室・練習場所の管理、各行事の際の大学側との打ち合わせなどが挙げられます。東大オケの雑用ともいえる仕事かもしれませんね(笑)」

Fくん「僕は『会計』の職を担当しています。名前からもお分かりになりますように、当団の活動資金全般の管理が主な仕事です。各演奏会の際の経費のやりくりや、トレーナーの先生方への謝礼のお金なども僕が責任を持って統括しています。」

ありがとうございます!
雑用だなんてとんでもない^^;、どれもこれも東大オケの活動には無くてはならない仕事の数々であるといえますね!
時に皆の前に立ってオケを導き、またある時はオケを見えないところから支え続ける、東大オケの日々の活動はこの3人の努力無しには成立しえないと言ってよいでしょう。

練習日記をご覧の皆様にも、「執行部」とはどんなものなのかが少し伝わったでしょうか?
それでは次の質問に移っていきましょう。


Q2.それぞれの役職の中で、今回の「サマコンツアー2012」に向けて特に頑張ってきたこと・力を入れてきたことはありますか?

Nくん「今回は曲の編成が大きいこともあり(編注:今回のコンサートで演奏する交響詩「ローマの噴水」/レスピーギでは、ハープ2台、チェレスタ、グランドピアノ、鐘など様々な楽器を使用します)、指揮者の先生の他にハープの先生お2人にもご予定を調整していただく必要がありました。ツアーを含めて5回も公演があるサマーコンサートですから、先生方との日程調整にはいつも以上に気を遣いましたね」


Tさん「私は日々の仕事の中で何を特に頑張ったというよりは、内務としていつも通りの仕事をいつもどおりに行う、ということを今日まで心がけてきました。その中で、一部の団員の夜行バスでの移動の導入など、例年の活動から工夫できるところはより良い方向を目指して変えていくということも同時に進めてきました。」

Fくん「僕は会計としてとにかくたくさんのお札を数えました! …というのは冗談でして、実際には、サマコンにかかる費用の削減を常に考えて力を尽くしてきました。サマコンは全国を移動しながら演奏会を開催するという規模の大きな活動だけに、実行には多額の活動資金も必要になります。団員の方々の負担を少しでも減らすために、資金のやりくりを総合的に把握している会計の立場から出来ることはしてきたと思います。」

DSC01916 - コピー

やはり執行部の皆さんの言葉には重みがありますね…! お札をたくさん数えたというのもあながちウソではないようです(゜∀゜)
楽しいサマコンの裏には、以前にインタビューをした「外務」の方々の努力はもちろんのこと、それをサポートする執行部の3人の熱い思いがあることがよく分かります^^

さて、次の質問に移ります!
インタビューも後半、3人のサマコンに懸ける想いの丈を伺ってみましょう。


Q3.明日からのツアー、どんなツアーにしたいか、それぞれの意気込みを教えてください!

Nくん「執行部としてサマコン成功のために色々と苦労をした部分はありますが、やはりツアー本番は思い切り楽しめるものとしたいですね!『後から振り返って楽しかったと思えるようなツアー』となるよう、悔いの残らない1日1日を過ごしていきたいと思います。」

Tさん「内務として思うことは、『団員が楽しまなければ、演奏を聴いてくださるお客様を楽しませることも出来ない』ということです。明日からのツアーでは、朝早くから演奏の準備を行ったり、移動距離が長かったりと大変なことも多いですが、団員の皆さんが4日間を安全かつ健康に過ごせるように、最大限のバックアップをしていきたいと思います!」
DSC01913 - コピー

Fくん「これはあくまでも1団員としての気持ちですが、今年回る公演地の富山・高知に東大オケのツアーで訪れることが出来るのはかなり貴重な機会であると思っています(編注:東大オケのサマーコンサートとしては富山公演は20年ぶり、高知公演は実に約半世紀ぶりだそうです!驚きですね)。僕自身、富山の出身ということもありますし、なかなか体験できない経験が味わえるということで、公演・音楽教室の1つ1つを大切にしていきたいですね!」

サマコンの運営に最初から最後まで携わっているだけあって、皆さん深いところまで考えられていますね:)
僕自信もまた、インタビューをしていて改めて今年のツアーが一段と楽しみになってきました!

それでは、次が最後の質問です!
締めくくりとして、この「練習日記」を読んでくださっている皆様へのメッセージを伺ってみました!

Q4.「練習日記」をご覧になる方、演奏会を聴きにきてくださるお客様へのメッセージをお願いします!

Nくん「サマコン4日間全て楽しみですが、僕は京都出身なので、14日の京都コンサートホールでの公演は特に心待ちにしています!京都のお客様には京の都らしい華やかな演奏をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ちください!」

DSC01912 - コピー

Tさん「団員もこの暑い夏を楽しみながら各地で皆様に演奏をお届けしますので、聴きにきてくださる方々もどうぞ心よりお楽しみください!旅先で皆様とお会いできることを楽しみにしております。」

Fくん「地元の富山で演奏会も音楽教室も出来るということで、喜びもひとしおです!富山にお住まいの皆様、東大オケの演奏を楽しみにお待ちください!」

3人とも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

インタビューを通して、執行部の3人の努力、そしてサマコンへの想いが伝わってきました!僕の拙い文章を介して、3人の熱い気持ちがこのブログをご覧の皆様に少しでも伝わってくれていることを願います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さてさて、明日からサマコンが始まるのですが、一部の団員は今日の夜、夜行バスで新宿を発つことになっています!僕もその中の1人なのですが、なんとまだ荷造りが終わっておりません^^;もちろん執行部の3人には内緒です。

今日の「執行部インタビュー」ではNくんが京都出身、Fくんが富山出身ということもあり2公演の内容を多めにお伝えすることとなりましたが、15日には最終公演で四国は高知にお伺いします!
高知県の皆さん、15日の夜にご都合がつきましたら東大オケの高知公演に是非ご来場ください!団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております!
また、以前にこのブログでお伝えしました「外務インタビュー!!~高知外務編~http://todaiorchmatsuyama.blog26.fc2.com/blog-entry-247.html」も併せてお読みいただけると幸いです^^

3公演とも多くのお客様が私たちの演奏を聴きにきてくださることを祈念いたしまして、今日の記事を閉じたいと思います。
あす以降も旅先からツアーの様子を随時お伝えしていこうと思いますので、お時間がありましたら目を通してみていただけると嬉しいです:)

それでは最後に
今日の1枚:執行部の皆さん、はいポーズ!
DSC01917.jpg

明日からの4日間、各地のお客様とともに「暑い・厚い・熱いサマコン」を創りあげていきます!
今日の記事も最後まで目を通してくださり本当にありがとうございました!


サマーコンサートツアー2012、行ってきます!

22こんとらばす弾き
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://todaiorchmatsuyama.blog26.fc2.com/tb.php/253-c8842f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。