FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

東大の履修情報! ④総合科目その2 第三外国語

 新入生の皆さん,こんにちは!

合格おめでとうございます


ホルンパート新3年のものです今日は総合科目L系列の第三外国語の魅力についてお伝えできれば良いなと思っています!


その前にホルンの紹介を少し!!オケでのホルンは,大体の曲は4人で演奏します(中には2人の曲があったり,8人で吹く曲があったりもします)。その4人が大体どんなことをやっているのかそれぞれの役割の魅力を紹介したいと思います!ただ,私は大学から楽器を初めた身なので(東大オケは初心者大歓迎なんです!!),少し間違っていたりもするかもですが


まずは1st高音域を担当し,ざっくり言うとメロディーを吹くことが多いですソロもたくさんあることが多いです他の楽器の音を聞いてホルンパート全体に入りの合図を送るなんてこともします。自分の譜面に必死になるのではなく,周りを聞く力がいるのでとても難しいです。でもその分,オケ全体とアンサンブルしている感じをとても感じられ,すごく楽しいです!!


次に2stだいたい1stにぴったりついて音程やタイミングを合わせます。1stの音程がなんかちょっと高い!なんて時も自分もちょっと高くするなどしてとにかく合わせます。1stの奏者に「(1stの音程がどんなに高くなっても)どこまででもついていきます!」と言えるようになるのが私の最近の目標だったりします。あとは1stと合わせてデュオをや,なんてこともありこれはもうほんとに楽しいです


3rdこちらも高音域を担当します。大きな音量が必要なメロディーは1stとユニゾンで吹くこともあります。その時は上の段から(ホルンパートはだいたい2列で座り,前の段に1st2nd,後ろの段に3rd4thが座ります)1stの指の動きを見るなどしてタイミングをピッタリ合わせます。楽しいメロディーはだいたい1stと一緒に吹かせてもらえるので嬉しい気持ちになります


4th4thはホルンの中で一番低音域を担当していてあんまり聞こえなくて地味と私は最初思っていました。だけどだけど,そんなことは全然ありません。みんなで和音を鳴らすときにとても美味しい音を持っていたり,メロディーが伸ばしているところで自分だけ動いていたり,ホルンパート全体の音を豊かにしているとっても素敵な譜面です!そして自分一人で練習している時に他の人と合わせたらどんな音になるのかしら,と想像しながら練習するのがとても楽しいです!メロディーでないので他の人と合わせるまであまり曲の全貌を掴めないもどかしさ,みたいなのもなんとも言えず楽しいです(単なる私のスコアや音源の勉強不足かもしれませんが😅


さて,大体4人がどんなことをやっているのかわかっていただけましたか??(曲によってだいぶ違うし,そもそも私の主観がすごく入っていますが…)東大オケでは曲ごとに1st~4thのどれを吹くかは変わります!他の楽器は1st2ndだけにしか別れない曲も多いので,こんなバラエティに富んだことができるのはオケのホルンだけではないでしょうか?
是非東大オケホルンパートへ!!お待ちしております!


前置きが長くなりましたが,そろそろ第三外国語の紹介をしたいと思います!

皆さんすでに英語以外の外国語を第二外国語として選んだと思いますが,それに加えてさらに新しい言語を学ぶことができるんです

第三外国語は総合科目のL系列に入ります。

第三外国語の中には,第二外国語の選択肢にあった中国語スペイン語などの言語に加え,インドネシアトルコ語など他の大学では開講されていないことが多いような言語もあり,自由に履修することができます!


筆者は昨年,フランス語を第三外国語として履修しました。言語を学ぶのはもちろん楽しかったのですが,それだけでなく,先生がフランスの世界遺産を紹介してくださったり,フランスの名所の動画を見せてくださったりと旅行している気分になれ,ウキウキしながら受けていました。コロナでなかなか旅行に行けない中,第三外国語をとって旅行気分を味わうのはとても楽しいことではないでしょうか!!!!!!!


ちなみに文法をガチガチに固めて授業をする先生もいらっしゃいます。事前にutasでシラバスを見て,どんな教科書を使用しているかチェックをするのがおすすめです!私の場合は,「世界遺産で学ぶフランス語」という本を使うことになっていたのをチェックして,「あ!これはもう楽しい授業だ!」と思って履修を決めました。使用予定の教科書で大体どんな感じの授業を先生がなさるかわかると思うので,自分に合うものを選びましょう🎶


でも言語なんて英語以外そんな使わないしと思っている方もいるかもしれません。これが実は必要になる時があるんです!後期過程に入ってから身にしみて言語の重要性を感じています。授業でドイツ再統一についてのレポートが出された時にドイツ語が読めなくてどんなに悲しい思いをしたことか中国の外交の授業で中国語の読める友達をどんなに羨ましく思ったことかということで,言語は役に立ちます!


是非履修を考えてみてください😀


新入生の皆さんの大学生活が実り多いものになることをお祈りしています!!(東大オケは楽しい🐘)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://todaiorchmatsuyama.blog26.fc2.com/tb.php/366-8ca4004d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)