FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

自己紹介です

こんにちは。今日の東京は最高気温4度と、とても寒い一日でした。

明日の朝も、大雪が降るかもしれないとの予報・・・
もう3月になったというのに、まだまだ寒い日が続きますね。

でも、私の育った松山は雪が降ることはあまりなく、
積もっても3センチまでだったので、大雪と聞くとちょっとワクワクしてしまいます。


今日は、東大オケで松山公演のマネージメントを担当することになった私、
19こんとらばすの自己紹介をしたいと思います。

●名前の由来

東大オケでは、学年のことを、入団年度で呼びます。
例えば、今度の4月に入学してくる後輩たちだと、21(にーいち)となります。

私は平成19年に入団したので、19(いちきゅー)なのです。
この呼び方の風習は、ずいぶん昔からあるようで、
今までにお会いしたことのある最もご年長の先輩は、
29(昭和29年入団)、現在74歳の方です。

「こんとらばす」は私が弾いている楽器です。
高さ約2メートルの、巨大なヴァイオリンといったら想像していただけるでしょうか?

ジャズやポップスでも、ウッドベースとして活躍する大型弦楽器です。
東大オケには現在6人のコントラバス奏者がいます。


●生まれは松山、育ちも松山

私は、生まれてから18年間、ずっと松山で育ちました。

小学校から始めた吹奏楽にはまり、
中学・高校もずっと吹奏楽部に所属し、毎日練習に励んでいました。

しかし楽器はコントラバスではなく、ファゴットという
お菓子の「トッポ」のような、細長くて茶色い、低音の木管楽器をやっていました。

吹奏楽部では、クラシックやポップス、ラテンなど様々なジャンルの曲を
演奏する機会に恵まれました。

その中でも、オーケストラのクラシック曲を吹奏楽用に編曲した曲を聴いたり、
吹奏楽コンクールで演奏したりするうちに、
オーケストラの響きに惚れ込んでしまいました。

それから、こつこつと千舟町のヤマハや、銀天街のまるいレコード(ローカルですね)に通い、
オーケストラ演奏のCDを買い集め、オーケストラへの憧れを深めていったのです。



書いているとどんどん長くなってしまいました・・・

続きはまた次回にまわします。

スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://todaiorchmatsuyama.blog26.fc2.com/tb.php/4-6314cf1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)