FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

8月4日(火)松山

大変お待たせしました。松山公演のご報告です。

●8月4日(火) いよいよ最終公演!4日目
<大阪発~松山公演~松山泊>

新大阪のホテルを朝早く出発、新幹線で岡山へ向かいました。

2009.8.4岡山駅

岡山駅で特急しおかぜに乗り換え。早くもおみやげ購入?

しおかぜの中では、四国に入ると、見慣れたスーパー、○ルナカの看板やら
うどんメーカー、○トキチの工場やらが見え、四国出身の団員のみが大盛り上がり!

2時間半後、松山駅に到着しました。

日射しが照りつける中、歩いて松山市民会館に到着。
大ホールの中に入った瞬間、懐かしい市民会館独特の匂いがします。
これまで何回も演奏したホールに、今回は東大オケとして帰って来たのが不思議な気分です。

2009.8.4松山全員集合

まずミーティング。130人が勢揃い。

2009.8.4松山客席

市民会館は設備は古いですが、広々とした良いホールだと思います。
他のホールに比べて客席がワイドに感じます。

2009.8.4松山舞台袖

舞台裏。吹奏楽コンクールのときに、いつもここでドキドキしながら順番を待っていたのを思い出します。

余談ですが、松山公演前日(8/3)に我が母校の吹奏楽部が、まさにこの会場で県大会金賞、四国大会出場を果たしたそうです。そのニュースを聞いて私一人ハイテンションに・・・。

2009.8.4コントラバス席から

ステージリハーサル。私のところからはこんな景色が見えています。
前のコントラバス奏者と奏者の間から、指揮者とコンサートマスターを見ています。

2009.8.4松山ステリハ

最終公演ともなると、ステージリハーサルはごくごく軽く、ホールの響きを確認する程度です。

指揮者の三石先生も、たまに指揮台を離れて客席で響きをチェックします。
古いホールの割には良く響くようです。

2009.8.4松山後列ひな壇

今回は舞台の面積が狭めなのでひな壇を1段少なくして、いつもは最上段にいるティンパニ・打楽器がコントラバスの隣に来ます。

さてステージリハーサルを終え、段々開場時間が迫ってきます。
楽屋で着替えたり、客席準備をしたりしながらも、ひっきりなしにかかってくるお客様からのお問い合わせのお電話に対応します。

あるお電話、「西堀端側の入り口ってどこ?」とお問い合わせがあり、「何て説明すれば良いの!?」と軽くパニックになりましたが、ホール周辺を念入りに下見しておいたおかげで「○海放送本町会館の向かいあたりです」とお答えできました。
(実際はななめ向かいくらいでした。)

2009.8.4松山花束受付

開場準備。花束受付のみなさん。
団員や先生への花束を受け付け、シールを貼って分類します。

他の公演よりもややこのスペースが狭かったため、
開場後は混雑してしまったようです。ご迷惑をおかけしました。

2009.8.4松山会場入り口

入り口でプログラムを配布する準備をします。

2009.8.4松山開場前

開場時間前なのに、こんなにたくさんのお客様がお待ちでした。
暑い中、屋外でお待たせしてすみません。

2009.8.4松山カウント係

緊張した面持ちの団員。彼は入り口で入場人数をカウントする重要任務を負っています。


いざ開場!
続々とお客様がいらっしゃいます。カウンターの手が止まることはありません。

私はカウンターの数を逐一確認しながら、ロビーでごあいさつをしていました。

当日券の売れ行きも好調。
他の公演と比較しても、かなりいいペースで入場者数が増えています。

私はロビーと舞台袖を行ったり来たりしながら、慌しく開演を待ちました。

開演5分前。舞台袖からちらりと客席をのぞき見ると、思った以上に客席が埋まっているようです。ドキドキ・・・。

松山公演その2に続く・・・
スポンサーサイト



コメント

私の友人が一番乗りでした。開場一時間前のなんと5時、それも西条から!! いったい家を何時に出たんでしょうね?
私は市民会館の大ホールの響きがとても好きです。芸予地震で一度修理しましたけど、本当にいいホールと思います。

  • 2009/08/13(木) 15:25:38 |
  • URL |
  • ピグマリウス #7sIlu4zw
  • [ 編集 ]

そんなに早く!

遠いところ、そんなに早く来てくださったとは・・・感激です!暑い中、屋外で皆様をお待たせするのは大変申し訳なかったです。ですので少し早く会場を開けました。
大ホールの響きが良いのには、団員みな感心していました。「見た目よりいいホールだねぇ」と言っていました。

  • 2009/08/18(火) 00:45:59 |
  • URL |
  • 19こんとらばす弾き #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://todaiorchmatsuyama.blog26.fc2.com/tb.php/80-bf6469e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)