FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

駒場祭

12月も中旬、だいぶ冷え込んできましたね。
さて、大変遅くなりましたが11月21~23日の駒場祭レポートです!


2009.11.21駒場祭

21日朝。快晴に恵まれた駒場キャンパス。
最初の2日間は室内楽演奏会を開きました。


2009.11.21室内楽


立見が出るほどたくさんのお客様に聴きにきていただけました。
ありがとうございました!
いくつかのグループをピックアップしてご紹介します。


2009.11.21チェロ2重奏


4年生の2人によるチェロ2重奏。
クンマー作曲「2本のチェロのための二重奏曲」です。
仲良しの2人による演奏、あったかくて和やかな演奏でした。


2009.11.21ファゴット?重奏


ファゴット林立地帯。
ベートーヴェン作曲「交響曲第7番より 第4楽章」です。
現役からOBまで、11本のファゴットと1本のコントラファゴット+ゲストのティンパ二。
巨大なあひるに囲まれて、がぁがぁ鳴かれているような気分でした。


2009.11.21プロコフィエフ5重奏


ヴァイオリン・ヴィオラ・コントラバス・クラ・オーボエの5重奏。
プロコフィエフ作曲「五重奏曲」です。
なんとも不思議で不条理なメロディですが、かっこいい曲です。
コントラバスが、普段の曲ではありえない高さの音を連発。アツい!


2009.11.22吹奏楽


1年生の管楽器・コントラバス・ティンパニの吹奏楽編成による合奏。
ヴォーン=ウィリアムズ作曲「イギリス民謡組曲」です。
サックスもユーフォニウムもないですが、オケの響きとは違った、吹奏楽らしい雰囲気。
中学校のときの吹奏楽コンクールの課題曲を思い出しました。
(確か、イギリス民謡をテーマにしたマーチだったような・・・)


以上、全67団体による演奏でした。

さて、23日には駒場オケが900番講堂で演奏しました!


2009.11.23ステージ準備


ステージ準備の様子です。

本番は、例年以上に良い出来だったのではないかと思います。
ヴァイオリンや管楽器の後輩達を見ると、
練習のとき以上に精神を込めた音を出しているのが分かりました。
私も演奏に参加していたのですが、後から客席で聞いていた3・4年生の団員いわく
「感動する演奏だった。ドヴォルザークの第4楽章で涙が出た」らしい。
終わったあとに、特に中心となって引っ張ってきた2年生達の晴れ晴れとした顔が印象的でした。


(写真は近日中に、別の団員が撮ったものをもらってアップします!)


今年もたくさんの皆様に、駒場祭にお越しいただけて大変感謝しております。
ありがとうございました!
駒場祭が終わり、定期演奏会に向けて本格始動です。
今日も現田先生との合奏練習があります。団員皆で1月に向けて頑張ります!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://todaiorchmatsuyama.blog26.fc2.com/tb.php/93-42057946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)