FC2ブログ

東大オケ♪練習日記

東京大学音楽部管弦楽団の団員によるブログです。

オケ楽器の魅力✨③ヴィオラ編

こんにちは。
ヴィオラパート2年の者です!

ヴィオラは、よく言われる通り、ヴァイオリンより少し大きい楽器、です。ヴィオラは、オーケストラの中では一見地味ですが、ハーモニーを構成する重要要素である、中声部を担っています!
そして、たまにはメロディも奏でます!

例えば、https://music.youtube.com/watch?v=ewaWDjAI1RE&feature=share
ドヴォルザークの交響曲第9番《新世界より》の有名な第4楽章、この動画の4:35からのメロディは、ヴィオラが奏でています!

あるいは、https://music.youtube.com/watch?v=IYskgNk8RFU&feature=share
ブラームスの《悲劇的序曲》は、昨年度駒場祭の冒頭に演奏した曲ですが、この動画の11:15からの温かなメロディもヴィオラが奏でています!

さらに、https://music.youtube.com/watch?v=vt8HGINwnXY&feature=share
昨年度の定期演奏会の演目、マーラーの交響曲第1番《巨人》の第4楽章、この動画の15:39からの戦慄走る低音は、ヴィオラです!

このように、普段は裏方に徹しているヴィオラも、ここぞというときには活躍を繰り広げます。オーケストラにとっては不可欠な存在なのです。
東大オケヴィオラパートでは、新たに仲間に加わってくださる方を大募集しております!
ヴィオラパート一同、一緒に演奏できる日を心よりお待ちしていますので、ぜひ新歓にお越し下さい!

オケ楽器の魅力✨②ファゴット編

こんにちは!
今回は、ファゴットパート4年の男性がお送りします!
人口減少にあえぐファゴットパートの危機が差し迫ったいま、みなさまに魅力を伝えなければいけないという使命を感じ、この文章を書いています。

////////

「そんな固い文章読んでられるか!」
はい、ゆるーく書きます。

「ファゴットってなに?」という方、多いと思います。そうなんです、フルート、クラリネットくらいは知っていても、ファゴットはとても知名度が低い。そんなファゴットですが、とってもとってもいい楽器ですよ!この文章を読んで、ファゴットに興味を持ってくれれば、こんなにうれしいことはありません。

ファゴットとは
木管楽器の最低音を担う楽器で、2枚の葦でつくられたリードというものを咥えて吹く楽器です。オーケストラの演奏会に行ってみると、木管の後列の客席から見て右側にたたずむ長い茶色の棒が見えると思います。それです。


ファゴットの活躍
ファゴットは、木管楽器の中でも特に多種多様な使われ方をする楽器です。オーケストラには、1st奏者と2nd奏者がおり、2人は別の譜面を演奏します。ファゴットの1stでは、ソロやメロディーを吹かせてくれることもあれば、美しい対旋律を任されることもあります。ファゴットの2ndでは、バス声部でオーケストラを下支えすることが多いです。どちらも非常に魅力的です。実は、1stも2ndもいい思いをする楽器というのはそう多くはないんですよ!


タイプ別ファゴットの活躍する曲紹介
私がおすすめする曲を紹介します。みなさん自身の性格に従って選んでくださいね。

1、「私は、目立ちたがり屋だ。ソロを吹いて2000人の観客を泣かせたいんだ。」
  → チャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」より第1楽章 (0:51~)
     https://www.youtube.com/watch?v=SVnF3x44rvU&t=2428s
     チャイコフスキー交響曲第4番より第2楽章(29:17~)
     https://www.youtube.com/watch?v=Y7G5ithbFys

2、「私は、明るい/おふざけキャラだ。笑かすのが好きだ。」
  → デュカス「魔法使いの弟子」(2:38~)
     https://www.youtube.com/watch?v=TADGI_hPIGA

3、「私は、対旋律でホクホク顔になりたいんだ」
  → ベートーヴェン交響曲第9番より第4楽章(3:58~)
     https://www.youtube.com/watch?v=2bgSOeGKifI

4、「私は、オーケストラの下支えをしたいんだ」
  → 任意の曲の2ndとコントラファゴット


ほかにも、当団が東大の中で唯一所持しているコントラファゴットという楽器で大活躍することもできます!ファゴットの魅力が少しでも感じられた方、ぜひ東大オケの新歓にいらしてください。
もっとたくさんの魅力をお伝えできるはずです!

オケ楽器の魅力✨①クラリネット編

新入生のみなさん、こんにちは!
クラリネットパートの3年生です。

誰にも会えない日が続いてさみしいですね…
でもコロナが収束したら、毎日が今までの100倍くらい幸せに感じられる気がします、わくわく!

さて、今日はクラリネットの魅力についてお話しします!
クラリネットの魅力は、なんといってもその音色です。
丸くて、あったかくて、素朴な感じがするクラリネットの音色が私はとても好きです!
まだクラリネットの音を聞いたことのない方は、ぜひぜひ聴いてみてください。

昨年度は駒場祭特別演奏会(1、2年生のみで構成される演奏会)で、ドヴォルザークの交響曲第7番を演奏したのですが、2楽章の冒頭のクラリネットソロがとてもすてきな旋律です。クラリネットの素朴であたたかい音色が存分に生かされたメロディーなので、よかったらプロの音源を探して聴いてみてください!

また、2年生のクラリネット奏者は、レスピーギの「ローマの松」が好きみたいなので、こちらも合わせておすすめしておきます。

また、オーケストラにおけるクラリネットの役割は非常に多様です。
ソロで旋律を奏でたりメロディーを担当するだけではなく、内声を担当したり、伴奏に加わったりすることもあり、いろいろな役割があってとても楽しいです!
さらに、オーケストラにおける最高音域を担当するエスクラや、低音域を担当するバスクラといった特殊管を演奏する機会もあるかもしれません!

現在クラリネットパートでは、2名の新入生を募集しています!
今いる団員は、4年生2人、3年生2人、2年生1人の計5人(男:女=2:3)ですが、全員が吹奏楽出身で、オーケストラ初心者でした。
オーケストラという世界に飛ぶこむのはとても勇気がいる選択かもしれません。
何か不安なことがある方は、ぜひまずはZoom新歓でお話ししましょう!
みなさんとお話しできるのを楽しみにしています!

拙い文章を最後まで読んでくださりありがとうございました!
みなさん体調には気をつけて、有意義な時間を過ごしましょう٩( 'ω' )و

東大オケ団員の履修のススメ!⑭ byファゴットパート員

こんにちは!
東大オケファゴットパート2年の者です。
最近はハロウィンの服を引っ張り出して家で一人仮装大会をしています。そろそろレパートリーが尽きそうです…泣

さて、履修のススメ⑥でも先輩がおっしゃっていましたが、ファゴットパートは「初心者・経験者問わず大歓迎」です!
人数が少ない分よりパート内の人と仲良くなれますし、たくさんの曲に乗ることができます

fg
↑これがファゴットです。なんだかとてもキラキラしていて魅力的な楽器ですね!

あれ、ファゴットに興味がでてきましたか?でてきましたね?
そんなあなたは是非11日の新歓にお越しください!全力でお待ちしております!

さて、東大オケの話はこれくらいにして。。。
今回は主に理科2、3類の人向けの話です!
地味に準必修になっている「数理科学基礎演習」「数学基礎理論演習」、取るかどうか迷っていませんか?
この授業の単位は必須ではありません。しかし毎年履修する人が多いのも事実…。ということで、この授業について解説していきたいと思います!
まず大前提として、この授業には試験がありません
成績のつけ方は教員によって異なりますが、レポートや出席、もしくは小テストで決まることが多いようです。ちなみに私のクラスでは数理科学基礎の点数に完全準拠でした。

そのうえで、この授業を取るメリットとしてはこんなことがあります。
①数理科学基礎の試験対策ができる
数理科学基礎の授業では説明がほとんどで、自分で問題を解く時間はあまりありません。それだとできるようになるか不安…という人は是非取るといいと思います。数弱の人は取っといて損はありません。

②単位数の調節ができる
この授業はタームごとに取ることができるので、上限ギリギリまで授業を取りたい人におすすめです。他で29単位分の授業を取っているときに残りの1単位分を埋めるのに使えます。

長くなりましたが、紹介は以上です!
皆さんが有意義な学生生活を送れることを祈っています。

次は東大オケで会いましょう!11日の新歓にもぜひいらしてくださいね~

東大オケ団員の履修のススメ!⑬ byクラリネットパート員

こんにちは!
今回はクラリネットパート4年が執筆担当です❗

クラリネットは2年生が1人、3、4年生が2人ずつの合計5人で活動しています!なんと今いるパート員は全員が吹奏楽出身者
オーケストラの知識や経験がなくても先輩や先生が一からきっちりと教えちゃいます!
もちろん楽器そのものの経験がなくても大歓迎!!クラリネットの音ってどんなの?という方は、モーツァルトの「クラリネット協奏曲」を聴いてみましょう。 温かい音色に惚れること間違いなしの名曲です(^^)
僕がオススメの演奏はこちら。クラリネットの魅力がこれでもかと伝わってくる素晴らしい演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=-W1Ucd_LJgM

クラリネット吹きなら誰もが一度は吹いてみたいと思うこの曲、実は僕が知ったのは大学に入ってから、東大オケの友人に教えてもらったのがきっかけでした。
クラシック音楽やクラリネットの知識が全然ない状態で東大オケに入った僕ですが、音楽について熱く語れる同期や先輩がたくさんいて、飽きることなく毎日練習に取り組めちゃいます。

大学の授業もいよいよ始まりますね!みなさんは第二外国語に何を選びましたか?
僕は第二外国語にドイツ語を選びドイツ語の楽しさに目覚め、今は文学部のドイツ語ドイツ文学専修(通称独文)に所属しています。先輩も先生もクラシック音楽に詳しい人ばかりで、授業の合間に話し込んでしまうことも……(._.)

そんなドイツ文学と音楽には切っても切れない密接なつながりがあります。筆者が2年生の時にベートーヴェンの「エグモント」という曲を演奏しましたが、この曲はドイツの詩人ゲーテの作品が元となっています。先生にお願いしたら、なんと授業で「エグモント」の文章を読ませてもらえることに!元々好きな曲だったのですが、ゲーテの文章を読んでからはさらに好きになりました(*^^*)
こんなふうにドイツ文学は音楽を文学の側面から見つめることができる、とっても楽しいところです。

そろそろみんなドイツ語に興味が湧いてきたんじゃないですか??
第二外国語がドイツ語じゃないよ……という人も安心、東大の授業には第三外国語があります!オケをやるならやっぱりドイツ語も勉強しておかないとね(もちろん東大オケはドイツ語を勉強してなくても入れます)ということで、みんなが東大オケ(と独文)に来るのを楽しみにしています!!